全力で愛していいかな ネタバレ 2話!シャワーを浴びる瀬尾の体を見て千世はドキドキ

漫画ネタバレ

.FiZZの漫画「全力で、愛していいかな?」(さんずい尺先生)2話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

ランチ仲間だった瀬尾に告白された千世。

お試し期間で付き合う事になり、その身を委ねる千世でしたが…?

「全力で、愛していいかな?」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

全力で愛していいかな ネタバレ 2話!シャワーを浴びる瀬尾の体を見て千世はドキドキ

千世は、ランチ仲間だった瀬尾とお試し期間付きのお付き合いをすることになりました。

そしてそのままホテルの部屋へ…。

瀬尾がシャワーを浴びている間、一人部屋で待つ千世は心臓が早鐘のように鳴っていました。

千世にとって、お久しぶりの大人の関係。

一抹の不安もよぎりますが、それにしても瀬尾のシャワーが長すぎると感じます。

倒れていたら…なんて考えが頭を掠めた千世は、様子を見に行きました。

ドアを開けると上半身裸の瀬尾の姿が。

ご健在ならなにより、とおかしな言葉をかける千世。

平静を装った千世ですが、ドアを閉めた瞬間腰を抜かします。

それは、華奢だと思っていた瀬尾が思いの外、美ボディだったからです。

今さらながら瀬尾に雄を感じて、これから起こることが生々しく思えてきました。

瀬尾と入れ替わりにシャワーを浴びに行った千世ですが、どんな姿で現れたらいいのか悩みます。

その日着けている下着は、上下とも年季が入って色あせているし、バスローブ1枚でいいんじゃないか…とも思う千世。

でも、もしかしたらプレゼントしてくれたワンピースを脱がせたかったのでは、と変な妄想まで…。

結局、悩んだ末、バスローブで浴室から出る千世でした。

すると、何だかいい匂いが漂っています。

瀬尾がヘアコロンをつけているところでした。

いい匂いだと口にすると、千世にもつけてあげると手招きする瀬尾。

千世が隣に腰掛けると丁寧に髪につけて、お揃いだとささやきます。

そして瀬尾は、千世を膝の上に座らせ抱きしめました。

しばらく抱き合って、想像力の時間にしようと瀬尾が提案します。

千世は言われるままに首に腕を回し、全身で瀬尾を感じました。

すると瀬尾が、千世が無理なら言ってくれたらすぐにやめる、と言い出します。

気遣いは伝わってくるけれど、千世は寂しく感じました。

余裕ですね、とつい本音を漏らしてしまう千世。

瀬尾は余裕なんてないと言いながら、千世の耳を自分の胸に押しあてました。

ドク、ドク、と心臓が高鳴っているのが響いてきます。

瀬尾は千世のことを好きだから、嫌がることはしたくないと告げました。

そっと瀬尾の頬に手を添え、キスをする千世。

嫌じゃないと呟きました。

瀬尾のキスは熱く、千世の心臓の鼓動はさらに早くなり…。

快感に身を委ねる千世を、瀬尾はすごく綺麗だと抱きしめました。

 

翌朝、向かい合ってモーニングコーヒーを飲みながら、千世はどんな会話をしていいかわからず戸惑います。

瀬尾は新聞に目を通していました。

あまり見つめているので照れちゃう、と言われる始末です。

瀬尾が、お試し期間の期限を3ヶ月に決めようと提案してきました。

千世の気持ちが追いつかなかった場合に、お互いのためだと言う瀬尾。

千世はまた気遣いしてもらっているのだろうと思いますが、3ヶ月間…全力で愛させてくれるかと、瀬尾は跪いて千世の手をとりました。

頬を赤らめて、瀬尾とのキスは好きになった…と伝える千世。

照れくさそうに、大急ぎでシャワーを浴びに行きました。

キスは、なんて言ったけど実は行為もすごく良かったのが本音。

瀬尾の大きな手で、撫でられるのも気持ちよかったのです。

千世は、ちゃんと好きってどういうことなのかわからなくなってきました。

その頃瀬尾は、一人ベッドで枕に顔をうずめて悶絶していて…ーーー!?

>>>全力で愛していいかな ネタバレ 3話 はこちら

全力で愛していいかな を無料で読む方法!

「全力で、愛していいかな?」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

全力で愛していいかな ネタバレ 2話 の感想!

瀬尾は、千世が朝シャワーを浴びている間に、あ~もう~!と悶絶していました。

千世の前では余裕を見せているけど、実はかなりドッキドキだったんですね!

千世が自分より、ひと回り以上も年下だから、ガツガツしていると思われたくなかったのでしょうか。

あまりにも紳士だったし…。

ま、結局いたしちゃったわけですけどね(笑)

千世は読者もご想像の通り、あまり恋愛経験もなくどちらかというと疎いほう。

多分、お試し期間なんていう曖昧なまま、体の関係を持ったこともないのでは?

瀬尾のことを好きって頭で納得しないうちに、そういう関係になってしまったから困惑しているように思えます。

一線超えてすぐに好きになりました!って言いづらいですしね…。

今後の展開が気になります♪

タイトルとURLをコピーしました