わたしの幸せな結婚 ネタバレ20話!尭人に謁見する清霞たち…激しい戦になると言われ

漫画ネタバレ

ガンガンONLINEの漫画「わたしの幸せな結婚」(顎木あくみ/高坂りと先生)20話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

淑女としての勉強に勤しむ美世でしたが、このところ悪夢に悩まされていました。

優しく美世に寄り添う清霞の姉・葉月の事を、お義姉さんと呼べない事に落ち込んで…。

「わたしの幸せな結婚」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

わたしの幸せな結婚 ネタバレ20話!尭人に謁見する清霞たち…激しい戦になると言われ

清霞は、帝国陸軍の少将・大海渡征に呼ばれます。

名家である大海渡家の跡継ぎである大海渡少将。

対異特務小隊は、形式上彼がトップに立っているのです。

大海渡少将は清霞に、墓荒らしが出たことを告げました。

幽霊の対処も清霞たちの仕事ですが、墓では既に供養されているため、幽霊はあまり出ません。

警察の仕事では…と清霞は言いますが、大海渡少将は深刻な声色で、その墓が普通の墓ではないことを説明します。

今回墓荒らしが出たのは、「禁域」と呼ばれる場所とのこと。

清霞も驚きます。

禁域とは、歴代の帝や異能者たちに関する情報を宮内省が管轄する場所であり、一般には立ち入りが禁じられた場所。

その中にある墓地というと、清霞も心当たりがある様子です。

大海渡少将は、「オクツキ」が暴かれた、と告げました。

オクツキとは、異能者たちの墓のことで、霊力が高く普通の供養では成仏できない異能者たちの魂を封じ込めた場所。

戦いの中で、悲しみ苦しみながら死に、霊となる異能者も多く、禁域の外にその霊たちが出たら、どんな被害が起こってしまうのかは、安易に想像できます。

大海渡少将曰く、宮内庁の術者が、大体は封が解かれるのを抑えられたとのこと。

ですが、正確な数までは知らされていないようです。

警戒をしておく、と清霞は言いました。

 

車に乗り込む、清霞と大海渡少将。

大海渡少将は思い出したかのように、清霞が婚約したことを話題に出します。

色々あって大変だっただろう、と言う大海渡少将に、清霞はあの騒動について、婚約者の落ち度ではないことを強調しました。

清霞が女嫌いであることは誤報だったようだ、とからかうように大海渡少将は言うのでした。

 

二人が目的地に到着すると、既に辰石家の当主が到着していたことを告げられます。

辰石家は最近当主が罪を犯したことにより、息子の一志が新当主の座につきました。

一志は昔から曲者と言われていたものの、細かい手続きや事情聴取など、当主としての役目をしっかり果たしている様子だと、清霞も聞いています。

身なりが派手であるため、扱いづらいかと思っていた清霞でしたが、協力的であることに胸をなでおろします。

辰石の待つ部屋に到着する二人。

そこには、何とも派手な身なりをした辰石が待っていました。

その恰好で御前に出るのか、と清霞は頭が痛くなります。

昔から異能者は規則に縛られないものであり、自分は軍属でもないから服装も自由で構わない、と言う辰石。

正論であるため、清霞は何も言い返せません。

異能者は帝に従うこと以外に規則はないが、最低限の礼儀は守るべきだと思う、と赤と黄色という原色の着物に身を包んだ辰石を見て思う清霞なのでした。

次やったら斬る、と迫力満点の表情で、辰石に言う清霞です。

 

そうして、帝の子・尭人に謁見する、大海渡少将と清霞、辰石の3人。

異能者の筆頭であった久堂家に生まれた清霞は、幼い頃より、皇子であった尭人と交流がありました。

白い肌に真っ赤な唇、そして切れ長の目。

浮世離れした姿には、どこか威圧感が感じ取れます。

まずは、辰石の当主となったばかりの一志が、尭人に挨拶をします。

一志は、辰石家が罪を犯したにも関わらず拝謁する場を与えられたことに、感謝を述べました。

尭人は、久堂家の手足となって名誉を回復するよう、声を掛けました。

そして、斎森家の騒動について、清霞を労う尭人。

異能の家系を失ったことは国に大きな損失であり、責任の所在が問われるところですが、既に斎森家当人が罰を受けているため、そのあたりはうやむやになっています。

力が及ばなかったことを謝る清霞ですが、尭人が寛大に、「決められた運命」だと言いました。

 

話は本題に入ります。

帝の直系には「天啓」と言われる未来予知の能力があり、歴代の帝はその能力で、国の危機を回避してきました。

今回、尭人に天啓があったと知らされ、3人はここに来たのです。

尭人の天啓に基づいて、清霞たちが任務に就くようになってしばらく経つものの、こうして呼び出されるということはあまりありませんでした。

余程のことだ…と清霞は思います。

尭人は、オクツキの封が破られたことを話題に出し、命を落とすような者も現れるような戦いになる、と言ったのでした。

誰が命を落とすか清霞が尭人に尋ねますが、そこまで詳しくは視えなかったとのこと。

民に被害が及ばないよう、死力を尽くして戦わなければ、と清霞は思うのでした。

そして、もう一つ尭人は、清霞に声を掛けます。

婚約したらしいな、と尭人に言われると、まだこの話題だ、と清霞はげんなりしてしまうのでした。

そして尭人は、清霞の婚約者について、神妙な面持ちで「これから大変だろう」と言います。

しかしすぐに、おぬしなら大丈夫、と笑顔で声をかけるのでした。

それも天啓なのかどうか尋ねますが、尭人は答えてくれません。

しかし、それは美世のことについてだということは、安易に察することができました。

清霞は尭人の言葉を、心に留めるのでしたーーー。

>>>わたしの幸せな結婚 ネタバレ21話 はこちら

わたしの幸せな結婚 を無料で読む方法!

「わたしの幸せな結婚」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

わたしの幸せな結婚 ネタバレ20話 の感想!

何か大きなことが起こりそうな予感のする、不穏な回でしたね…!

戦いのこともそうですし、美世のことについてもちょっと不穏な気配がしてしまいました。

この戦いで命を落とす者出てくるかもしれない、というのは気になりますね。

みんな大丈夫かな、と今から心配です。

せっかく婚約までたどり着いたのだから、このまま幸せになってほしいのですが…。

次回の展開がとても気になります。

タイトルとURLをコピーしました