わたしの幸せな結婚 ネタバレ19話!淑女として勉強に励む美世は毎晩悪夢を見てしまい

漫画ネタバレ

ガンガンONLINEの漫画「わたしの幸せな結婚」(顎木あくみ/高坂りと先生)19話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

正式に婚約者としてプロポーズをされた美世。

少しでも久堂家にふさわしくなりたいと、淑女としての勉強がしたいと清霞に申し出ますが…?

「わたしの幸せな結婚」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

わたしの幸せな結婚 ネタバレ19話!淑女として勉強に励む美世は毎晩悪夢を見てしまい

旦那さまの役に立つため、淑女としての勉強をしたいと清霞に申し出た美世。

清霞は姉である葉月を家に呼び、女学校を卒業し、習い事も多かった葉月に美世の教育を依頼しました。

一目で美世のことを気に入った様子の葉月。

しかし自分は離婚しているから参考にならないかもしれないと心配する葉月に対して、全くそのようなことは考えていないと美世は伝えます。

無神経だったかなと考える美世の内心をよそに、自分の家でみっちり勉強したほうが彼女のためになるのではという楽しそうに提案する葉月。

清霞は断りますが、葉月は美世がいなくなると寂しい気持ちになるからでしょう?という理由を指摘します。

じゃれあう二人の兄弟仲の良さを目の当たりにし、寂しいような気持ちが自分の中にあることを自覚する美世。

その様子を見た清霞に体調が悪いのではないかと心配をされ、そんな優しさを見せる彼に報いられるよう、淑女の勉強を頑張ろうと再度決意しました。

 

勉強をするにあたって、目標があったほうが頑張れるでしょうと提案する葉月。

二ヶ月後に、清霞と葉月が揃って招待されているパーティーに参加しようということとなります。

美世は、自分を変えていこうという決意のもと、パーティーへの参加を引き受けるのでした。

 

一人になり、葉月から借りた教本に目を通す美世。

その様子を見つめていた清霞は、夜に眠れていないことによる美世の顔色の悪さに気付いており、本当は勉強をさせないで休ませたいと考えていました。

しかし、嬉しそうに教本を見る美世の様子を邪魔したくないという気持ちから、しばらくは様子を見よう…と声をかけることなくその場を立ち去りました。

 

その夜、はっきりと異能の気配を感じた清霞は、その気配の元である美世の所へ向かいました。

そこには異能の気配が部屋に充満し、苦しそうにうなされている美世がいました。

前に比べて異能の気配がより濃くなっていることに気付いた清霞。

うなされながら眠る美世の傍らにひざまづいて手を取り、もう大丈夫だと、声をかけます。

すると異能の気配は薄れ、美世は落ち着いていきました。

これくらいしかしてあげられないと祈るような様子の清霞をよそに、夜は更けていくのでした。

 

早朝、一人で目を覚ました美世は、また昨夜も悪夢を見たことをを思い出します。

連日のように悪夢を見続けている美世。

以前は斉森家での辛くて苦しい記憶についての悪夢が多かったのに対して、最近になって知らない人に怒鳴られたり貶されたり、暗く狭い場所に閉じ込められたり恐ろしい化け物に追いかけられたり…と、斉森家に関係のない内容の悪夢に変化していることを感じていました。

悪夢が原因で眠ることをためらってしまい、体力が回復せず寝不足になってしまっていることが原因で、このところ体調を崩してしまっている美世。

清霞の愛情ある気遣いにより一時は調子が戻っていたのに、また体調を崩していることを申し訳なく思います。

これ以上心配はかけられない…倒れたり休んでいる暇はなく、やるべきこともたくさんあるのだからと、気合いを入れるのでした。

しかし、いつも通りふるまおうとした美世でしたが、やはり体調が悪いことを隠し切れず、傍で共に時間を過ごしているゆり江には伝わってしまいます。

美世は心配をかけてしまった自分に、申し訳なさと心配してもらえる幸せを感じながら、家事をこなすのでした。

 

家事をひと通りこなした後、ゆり江から時間をもらい、葉月が来る前での淑女としての勉強の予習をする美世。

「良妻賢母」という言葉を見つめて、清霞の衣食住を整えるだけではなく妻としてふさわしくありたい、名家である久堂家を共に守っていけるような妻でありたいと思います。

しかし、その役目が本当に自分に務まるのかを考えると、不安な気持ちに飲み込まれそうになるのに耐え、予習に打ち込むのでした。

葉月が来て、淑女としての勉強に励む美世でしたが、葉月の些細な所作や立ち居振る舞いの美しさに自分が近づける気がせずに不安になってしまいます。

不安そうな様子を見た葉月は、美世の身のこなしも十分綺麗であると評価します。

小さい頃はお稽古ごとをしていたからでは、と指摘する葉月。

美世が実家へ泥を塗るようなことにならないように気を付けていた過去を打ち明けると、葉月は美世の健気さに心を打たれた様子で抱きつきます。

そして葉月は、美世へ自分のことを「お義姉さん」と呼んでほしいと伝えます。

簡単なことのように思った美世は勢いに気圧されながらも「おねえさん」と呼びかけようとしたのですが…。

以前自分を虐待していた香耶に「おねえさま」と呼ばれていた記憶がフラッシュバックしてしまい、言い終わることが出来ずに言葉に詰まってしまったのです。

その様子には気付けなかった葉月は、美世ともっと仲良くなりたい、家族なので甘えてほしい、きっと清霞もそう思っているはずだと続けます。

以前、斉森家でないがしろにされ、使用人以下の扱いだった虐待の記憶が「家族」という言葉に繋がってしまう美世。

清霞と葉月が楽しそうに話していた様子を見て、胸が締め付けられるような気持ちになった原因は、幸せな家族への羨望だったということに気付いたのです。

葉月は、美世にかしこまらずに気軽な気持ちで「お義姉さん」と呼んでくれると嬉しい、と柔らかな表情で伝えます。

しかし美世は、「お義姉さん」と呼んで葉月に喜んでほしいという想いとは裏腹に、香耶の自分をゴミのように見つめる冷たい目が頭によぎり、言葉に詰まってしまいます。

辛かった記憶や諦めを隠すように、今は「葉月さん」と呼びたいと誤魔化すように伝えた美世。

葉月は、それでも構わないと笑い「葉月さま」より一歩前進したと、優しく喜びました。

しかし美世の中では、清霞と同じく優しい葉月に悲しい気持ちを抱え込むのでした。

>>>わたしの幸せな結婚 ネタバレ20話 はこちら

わたしの幸せな結婚 を無料で読む方法!

「わたしの幸せな結婚」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

わたしの幸せな結婚 ネタバレ19話 の感想!

命の危険にさらされた直後、回復もしきっていない状態でも前に進むという美世の強い決意を前に、心配ながらも協力し見守ろうとする清霞。

相手のことを思いやっているからこそ踏み込めないところがあるのかもしれませんが、まだ二人の間には口に出し切れない愛情があるからこその、遠慮のようなものを感じてしまいます。

はやく思ったことをスッと口に出しあえるような関係になればいいのにと思う一方で、陰ながら力になりたいとお互いに思いあう二人の様子を見て、これもこれでありなのかなぁ…と思いました。

二人の寄り添える、心地よい距離感はどこなんだろうと考えてしまいますね。

前に進もうとする美世にまとわりつく謎の異能の気配。

清霞は美世を守り切れるのでしょうか。

そして、美世が落ち着く暇もなく清霞のほうでも大きなトラブルが・・・。

帝の予言で美世のことを指摘をしていることから、美世まで巻き込まれてしまいそうな予感しかしません。

簡単に幸せに行きつけないまま、美世と清霞はどうなってしまうのでしょうか。

続きが気になります!

タイトルとURLをコピーしました