わたしの幸せな結婚 ネタバレ18話!清霞の姉葉月登場…そして新たに不穏な展開も…!

漫画ネタバレ

ガンガンONLINEの漫画「わたしの幸せな結婚」(顎木あくみ/高坂りと先生)18話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

意識を取り戻した美世は、すっかり焼け落ちてしまった斉森家にある桜の木を見に来ました。

清霞からのプロポーズの言葉を、幸せそうな笑顔で受けた美世ですが…。

「わたしの幸せな結婚」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

わたしの幸せな結婚 ネタバレ18話!清霞の姉葉月登場…そして新たに不穏な展開も…!

これからの人生を共に歩むという意思を持ち、清霞と正式に婚約した美世。

洗濯物をしている最中にも、清霞の木刀を振り鍛錬する姿に見惚れていることを認識し、照れながらも家事を続けます。

鍛錬中の清霞へタオルを持っていく美世。

清霞から柔らかくお礼を伝えられると、照れてしまい顔が赤くなってしまいました。

そんな様子で顔の赤さを心配した清霞は額に手を当て熱を確認するのですが、美世は余計に赤面し、照れてしまうのでした。

清霞の近くに行くと毎回照れてしまう美世は、いい加減慣れないといけないと自戒の念を自分に言い聞かせます。

するとそこに、来客があるのでした。

 

出迎えに行ったところにいたのは、清霞の姉である久堂葉月でした。

葉月が来ることを知らなかった美世は、初めて見る清霞に似た顔立ちの家族の来訪に驚きを隠せず、目を見開いてまじまじと見つめます。

そんな中、家の中からゆり江が出てくると、久しぶりの再開を握手で振り回して喜ぶ葉月。

その様子を見た清霞が、じとっとした様子で相変わらずの姉に声をかけるのでした。

すると葉月から、可愛らしい婚約者が出来たのにいつまでも無愛想だ、という指摘を受けたりしながら和やかな空気が流れます。

葉月が美世へ、自分が来たのは淑女の勉強の先生を引き受けたのだということを聞いているか尋ねると、それは聞いていないと美世。

しかし心当たる会話を、清霞としたことがあったことを思い出すのでした。

 

久堂家の当主夫人として、家を守り清霞を支えること以外にも、他家との間で絶対に必要な淑女としての教育を受けたい、ご令嬢が当然身に着けているような教養を学びたい、というお願いを清霞にした美世。

清霞は無理をすることはないとやんわりと反対しますが、いつまでも甘やかされているわけにはいかないという美世の強い決意を察して折れ、優しくされることに照れる美世を嬉しそうにからかっていました。

教師は自分で探すのでご迷惑はかけません、と言った美世。

しかし清霞は、教師の出来る人間に心当たりがあるので連絡して来るように言っておく、ということだけを美世に伝えたのです。

その先生に、葉月が来ることを伝えていなかったため、美世は大変驚いたのでした。

美世の中の混乱も収まらない中で、美世を責任を持って立派な貴婦人へとしてあげる!と、息巻く葉月。

 

場面は変わり、暗く重苦しい空気の豪華な部屋で、息をすることも苦しそうな老人が恨み言をつぶやき続けています。

陛下、と呼ばれたその老人。

よろしいでしょうか、と声を掛けたその人物に部屋へ入るよう促すと、おだやかな雰囲気の青年が正座をしていました。

青年は、例の許可を出してほしい、これ以上彼女を苦しませたくない…我々に日願成就の機会を与えてほしいという懇願をしますが、老人はそれを厳しくたしなめます。

謝罪した青年に対し行動を許可する、と申し伝えると、彼は行動を開始する旨を伝えてすぐに部屋から立ち去ります。

一人になった老人はもう何も視えぬ、という独り言を言うとすぐに使用人を呼び、人の生死は問わず、オクツキの霊を里に誘導するように命令を伝えます。

使用人が下がった後恨めしく歯ぎしりをした老人は、必ずやあの異能は潰すのだ…と呪うようにつぶやくのでした。

>>>わたしの幸せな結婚 ネタバレ19話 はこちら

わたしの幸せな結婚 を無料で読む方法!

「わたしの幸せな結婚」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

わたしの幸せな結婚 ネタバレ18話 の感想!

美世と清霞の微笑ましいやり取りに心が癒されましたが、何だか不穏な展開で終えましたね。

老人は何者?あの異能というのは一体…?

色々と気になる最後でモヤモヤします!

そして美世の教育係として、清霞の姉である葉月が登場しました。

顔はそっくりながら、性格は清霞とは違って(←失礼w)朗らかなお姉さんって感じですね!

美世は突然現れた、葉月の扱いに困っている様子です。

ですが優しそうな葉月ですし、美世の心をさらに解きほぐして欲しいものですね!

続きが気になります!

タイトルとURLをコピーしました