わたしの幸せな結婚 ネタバレ17話!斉森家を訪れた美世…改めて清霞からプロポーズを

漫画ネタバレ

ガンガンONLINEの斉森漫画「わたしの幸せな結婚」(顎木あくみ/高坂りと先生)17話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

いつの間にか火の手が屋敷をすっかり覆いつくしてしまった斉森家

間一髪で駆けつけた清霞の顔を見て、ホッとした美世はそのまま意識を失ってしまい…!

「わたしの幸せな結婚」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

わたしの幸せな結婚 ネタバレ17話!斎森家を訪れた美世…改めて清霞からプロポーズを

桜の咲き誇る中、美世は亡くなった母が自分に向かって微笑んでいるのを見つけます。

母に向かって、歩み寄りながら話しかける美世。

しかし誰かが、自分を呼ぶ声を感じ取ります。

歩みを止め、一瞬考えごとをしたような様子の美世は、母へ向かってまだそちらに行けません…また会いましょうと伝えると、風が吹き母の顔は桜で隠れます。

最後、母が美世に何かを伝えようとしていますが、美世に届くことはありませんでした。

 

その瞬間、意識を取り戻した美世は、自分が清霞の家に戻って来られたことを知ります。

食事を口に運んで食べさせてくれる清霞に、嬉しさと恐れ多さと照れくささを感じながら、赤面する美世。

もう動けると清霞に伝えますが、清霞は医者に安静にしろと言われていると却下します。

そこに、家事なら任せてください、とゆり江が来て、清霞と美世の世話を交代するのでした。

 

気を失った後の顛末を美世は清霞から聞き、斉森家は全焼ながらも、誰も亡くならなくてよかったと安堵の表情を浮かべます。

虐待していた両親は地方に飛ばされ貧しい暮らしになり、香耶は厳格な家に奉公に出されることになったということを聞かされた美世。

行き先があったことに再び安心した様子を見せる美世に、不思議そうに思いながらも清霞は言葉を飲み込みました。

美世をさらった片棒を担いでいた、辰石家の処分についても、続けて話す清霞。

所業は公になっておらず、法的には裁かれていないながらも、責任を取って当主の座は長男の一志に譲ったことを伝えると、幸次から伝え聞いていた遊び人の様子を思い出すのでした。

考えを巡らせる美世へ、新当主は久堂家監督のもとでの行動制限になり、事実上辰石家は久堂家の下におかれることとなった、という内容で説明は締めくくられました。

清霞に心配をかけてしまった謝罪をした後、続けて美世は斉森の屋敷を見に行きたい、とお願いをするのでした。

 

斉森の屋敷は全焼しており、何も残っていませんでした。

清霞に気を使ってもらいながらも、見て回る美世。

美世にとって辛い思い出ばかりの場所ではありましたが、気を許した使用人との幸せな記憶もあった場所だったので複雑な気持ちを覚えます。

その中で、美世は母の嫁入りの時に植えられた桜の切り株を目にします。

枯れて切られてしまった桜でしたが、最後に見ておきたかったと伝え切り株に触れると、鋭い痛みとともに美世の目にほんの少しだけ何かが映されました。

美世は体が本調子ではないせいだと思い、彼女の異変に気付いた清霞になんでもないと言葉を濁すのでした。

明日には屋敷の後片付けが始まり、母のいた証は自分のみになってしまったと実感が沸いてきます。

きっと母は前に進ませるために、最後だからこの場所に呼んでくれたのだと感じた美世。

過去を捨てるつもりはないけれど、自分の中の区切りをつけて進むのだと思います。

過去のほんの少しの幸せだった記憶にすがらなくても、新しく幸せを得る術を清霞のそばなら持てるのだから、と美世は幸せそうに清霞を見つめました。

 

帰ろうとする二人ですが、幸次と偶然鉢合わせます。

幸次は、どのように声をかけていいかわからない様子で久しぶり…体調は平気か?と言い、少し話せないかと提案しました。

これが最後の機会だと思うから、という幸次を前に、許可を得たいような美世が清霞を見つめます。

清霞はため息をつきながらも、許可をすると先に車に戻っている、と二人に伝え立ち去るのでした。

 

残っていた石段に座り、懐かしそうにする幸次と美世。

母を亡くし、居場所がなかった自分を支えてくれたのは幸次だったと想いを馳せながら、先日は助けてくれてありがとう、と美世は伝えます。

幸次は遠くを見つめながら今までも…この間も、自分は何も出来なかった、と悔やんだ様子で返します。

異能を持ってはいても実用できるレベルではなく、とりあえずで血を繋げばそれでいいという諦めに飲まれ、美世を助けようという気持ちがあっても結局何もしていなかったことを告白する幸次。

それでも幸次の存在に救われていた、と思い出を巡らせている美世に向かって、幸次は明るい表情で自分を鍛えなおすことにしたと宣言します。

香耶との婚約もそのままで、斉森家の次期党首の立場もそのままではありながらも、旧都へ行き異能者としての修業をすることにはなるだろう…精一杯努力するよ、と微笑むように話す幸次。

美世のことは清霞が守ってくれるけど、自分も今度こそ守りたいものを守れるようになるのだと打ち明けます。

少しためらった後、幸次は斉森家に呼ばれたあの日、言いかけていたことを覚えているかと美世に聞きます。

美世は、告白をしようとしていた様子の幸次の、その時の様子をよく覚えていました。

しかし、幸次の望む答えを想い、忘れてしまったと伝えた美世。

幸次はたいしたことじゃないから、と吹っ切れた様子で美世への気持ちに区切りをつけ、明るく空に向かって笑うのでした。

美世も今までずっと味方でいてくれてありがとう、と幸次との最後の時間を終えたのでした。

 

清霞の元へ戻る美世を見て、幼いころから好きだった美世への想い、守ってあげたかった気持ちを反芻する幸次。

しかし、彼女を守るのは僕ではないのだと、美世を救出した時の光景を思い出しながら悲しそうに安心していると、最後に呼びかけられました。

幸次は、いつか…また、という言葉に、どうか幸せにという気持ちで手を振り、晴れやかな空の下で美世への想いを弔ったのでした。

 

帰り道、今回の縁談について話している二人。

縁談は清霞の父から持ってこられたもので、最初は香耶のつもりだったところを父が香耶を手放したくなかったために美世に白羽の矢が立ったとのことでした。

美世が来てくれてよかった、と嬉しそうな様子の清霞。

それでも、清霞の父が香耶だと思っていたのに自分が来てがっかりされないか、と不安そうに尋ねると、そんなことがあったら異能で燃やしてやると冗談を口にするのでした。

今回の騒動の一端は、斉森家に美世に対する態度を謝罪するように要求した自分にある、と謝罪する清霞。

美世は、自分のためを想ってしてくれたことに余計なことはないのだと微笑んで答えます。

そんな美世に、清霞は改めてプロポーズをーーー。

美世は笑顔で、そのプロポーズを承諾したのでした。

>>>わたしの幸せな結婚 ネタバレ18話 はこちら

わたしの幸せな結婚 を無料で読む方法!

「わたしの幸せな結婚」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

わたしの幸せな結婚 ネタバレ17話 の感想!

斎森家との問題もようやく終わりを迎え、改めてプロポーズをした清霞。

それを幸せそうな笑顔で承諾する美世に、心から良かったー!と何度も祝福を送ってしまいました。

久堂家に来た頃の美世を思い出すと、本当にこれまでの苦労が報われて良かったと思いますね!

そして幸次は、自分が美世を守れなかった事をずっと悔いていたみたいです。

さらに今でも美世のことを…。

それを全て知った上で、あえて忘れてしまった、と答える美世の優しさには脱帽です。

本当に、美世の心はとても美しいですね。

清霞のような人に巡り合えて本当に良かったです。

どうかいつまでもお幸せに…!!

と言いたいトコだけど、桜の木に触れた美世の様子がちょっと気になります。

まだまだ何か問題が起こるのでしょうか?

続きが気になります!

タイトルとURLをコピーしました