わたしの幸せな結婚 ネタバレ10話!塞ぎ込んだ美世を心配した清霞は女中の花を呼び…

漫画ネタバレ

ガンガンONLINEの漫画「わたしの幸せな結婚」(顎木あくみ/高坂りと先生)10話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

街で偶然出会った美世が、久堂家を追い出されていない事に腹を立てる香耶。

斉森家を訪れていた清霞を見かけて、その美しさに見惚れると…?

「わたしの幸せな結婚」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

わたしの幸せな結婚 ネタバレ10話!塞ぎ込んだ美世を心配した清霞は女中の花を呼び…

帰宅した清霞は、美世が最初の頃のような死んだ魚のような目であることに気付きます。

どうかしたのかと声を掛ける清霞に、何でもないですと謝罪する美世。

下がらせていただきますと言い残し、その場を立ち去ってしまうのでした。

出掛けた先で何かあったことに気付いた清霞は、ゆり江から街であったことについて聞くのでした。

美世の事を想い、斉森家との話し合いをしてきた清霞でしたが、タイミング悪く美世を守れなかったという事態になったのです。

どうやって声を掛け、どうやって支えたら美世のためになるのか、戸惑うばかりで何もできないと感じる清霞。

だから冷たいと言われるのかも…と考え、悔しく思います。

長年の虐待で自尊心を失ってしまっている美世に対して、どうしたら自信を持ってくれるのか…とつぶやくと、女は愛されて自信をつけるのだと答えたゆり江。

清霞が大事にしてあげれば、美世は心強いというアドバイスをします。

この感情が愛と呼べるものなのかわからない、しかしこの先どうしたいか、自分の考えを告げることは出来る、と思う清霞ーーー。

清霞は、美世が閉じこもる部屋の前へと向かうのでした。

 

少しいいか、と清霞は呼びかけますが、部屋から出ようとしない美世。

わずかな時間で構わないから放っておいてほしい、と答えます。

少し話を聞いてほしいだけ、と伝える清霞でしたが、それすらもままならない様子で断られてしまうのでした。

立ち去る時に清霞は、美世が抱え込んでいるものは、そのうち気にしなくても良くなるので、あまり深刻に考えないように、と伝えます。

言いたいことがあればいつでも聞く、とも言い残し、その場を立ち去ったのでした。

 

一週間後、美世はまだ立ち直っていない様子で、清霞と顔を合わせることも減ったままの状況が続いていました。

食事は用意されていても、以前はあった見送りや出迎え、食事を一緒に取る、といった事がなくなってしまったのでした。

同時に、斉森家からの回答も無く、清霞を見張る式も途切れずーーー。

憂鬱そうな様子の清霞です。

そんな清霞の変化をからかいながら、執務室へ現れた五道。

清霞はそんな五道をいなしたあと、明日のことをわかっているだろうな、と念押しします。

明日の昼過ぎに帝都中央駅へ行き、そこから車で久堂家へ向かうことを五道に伝えるのでした。

うまくいくといい…と、明日の計画について思いを馳せる清霞。

 

その頃、美世は自室にこもり、清霞のための組み紐を編んでいます。

美世は、清霞のことを綺麗で優しくて、強く眩しい存在で…そばに寄れないと思います。

一方で、清霞のそばは居心地が良く、離れたくないと思ってしまう矛盾。

そばにいたいなら、自分は異能を持っておらず教養もない、という本当の事を伝えなければならない、と思う美世。

けれど本当のことを伝えたら、清霞のそばにいられなくなってしまう…という想いに苛まれていました。

組み紐はもう完成はしているけれど、打ち明けたらもう二度と会えないかもしれない、と思い悩む美世のところへ客人がやって来るのでした。

ここに美世が居ることを知っている人物は限られていて、香耶なのでは…と青ざめる美世。

しかし聞き覚えのある声に、通してくださいと答える美世でした。

 

訪ねてきたのは幼少期、斉森家で唯一味方をしてくれた女中の花でした。

花との再会を喜び、花の近況報告を嬉しそうに聞く美世。

幸せそうでよかったと微笑む美世に、お嬢様は幸せですか?と花は問いかけます。

清霞とゆり江の顔が浮かぶ美世でしたが、香耶との一連により、幸せとは言い切ることが出来ませんでした。

答えられなかった美世に、一番辛い時に一緒にいられなくて、合わせる顔がなかった気持ちがあったこと、それでも会いに来たのは幸せになった美世を見たかったことを告白する花。

母の代わりに、目いっぱいの優しさをくれた花を目の前にしたことで、口に出来なかった美世の本心が涙と一緒に溢れ出てきてしまいました。

異能を持っていない自分は清霞の妻には相応しくないこと、ずっとここに居てはいけないことを、幼少期に戻ったように声を殺して大泣きしながら花に伝える美世。

ずっと自分一人で抱えていた矛盾ーーー。

言えないことが苦しく、しかし言ったら追い出されてしまうこと。

他に行く当てがないから出て行きたくないのではなく、清霞とゆり江のいるこの場所に留まりたいからだと、心から思うのでした。

 

花はそんな美世を抱きしめながら、自分がどうしてここに来られたかわかりますか?と問いかけます。

もう斉森家と縁がなくなってしまった花は、本来は美世に会いに来ることは出来なかったはずでした。

花に手紙を出して元気のない美世の元へ呼んだのは…他でもない清霞だったのです。

花から聞いた清霞の行動に、美世は目を見開いて驚くのでしたーーー。

>>>わたしの幸せな結婚 ネタバレ11話 はこちら

わたしの幸せな結婚 を無料で読む方法!

「わたしの幸せな結婚」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

わたしの幸せな結婚 ネタバレ10話 の感想!

香耶と出くわしてしまった事で、すっかり最初の頃のような暗い表情に戻ってしまった美世。

そんな美世を想い、花に手紙を書いた清霞…素敵ですね!

花を呼ぶことで、美世の過去を知っていること、知っていた上で美世を受け入れ元気を出してほしいと思っていることを、清霞は伝えようとしたのでしょうか。

おかげで、美世がこれまで我慢していた自分の気持ちを花に吐き出せて、本当に良かったです。

美世を大切に想う清霞の気持ちが、傷ついた美世を癒してくれるはず…!

続きが気になります♪

タイトルとURLをコピーしました