ワタシはいいのワタシはね ネタバレ 4巻!岸本の企画を奪った八木…自分には甘く…!

漫画ネタバレ

DPNブックスの漫画「ワタシはいいの、ワタシはね」(nev先生)4巻を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

憧れの会社へ見事入社した岸本の教育係として、先輩社員である八木が紹介されました。

仕事がデキてオシャレでカッコ良い…そう思っていたけれど、実はとんでもない棚上げ女子で…!

「ワタシはいいの、ワタシはね」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

ワタシはいいのワタシはね ネタバレ 4巻!岸本の企画を奪った八木…自分には甘く…!

会社横断プロジェクトへ企画を出し合うために、アンケート調査などをして調べ、自信のある企画を仕上げられた岸本。

決められた順番を待っていると、前の順番の八木に、全く一緒の企画を発表されてしまいました。

岸本は素晴らしいという評価をもらう八木に対して、びっくりした様子を隠せません。

次の順番になり岸本の発表ですが、同じ企画を発表するわけにもいかず、期限内に仕上げられなかった…と、お茶を濁したまま自分の番は終わり。

八木は岸本へ、提案もろくに作れないと嘲笑います。

荒川はその様子をじっと見ていましたが、何も言いませんでした。

そうしてプロジェクトリーダーは八木に決まり、荒川と岸本はサポートするように、課長から指示が下ります。

いつもいい企画を持ってきてくれて心強いという誉め言葉を、複雑な表情で聞く岸本。

課長へにこやかな媚を売る八木に、いつも自分は楽な仕事をしているのに…と気に食わない様子で陰口を叩く他の社員たちなのでした。

 

翌日、岸本は八木にスケジュールの説明を受けています。

落ち込んでいてはいけない、元々自分のやりたかった企画が採用されて、関わることが出来る…。

そう自分を鼓舞して、八木へついていこうと意見をする岸本です。

品数も多く素材の知識が足りないのではと進言し、追加メンバーを選んでほしい、と岸本が頼むと候補を聞かれます。

候補として、企画部の二児の母である社員を提案した岸本。

しかし八木は、急に休まれたりしたら困る、急ぎの企画なのに…と却下を出し、先方と自分が上手くやるから現在のメンバーのままでいい、と決定するのでした。

 

リーダーを差し置いて勝手なことをした、と苛立ちながら、振った仕事はまだ?と岸本に急かす八木。

すでに着手していた岸本が現状報告すると、取引先の先方はどういう人かと尋ねます。

名前から、男性二人だという報告をする岸本。

しかし八木はため息交じりに、男か女かは関係ないという事、相手が男性なら女を出していけば、何とかなると思わないようにと指摘し、仕事は実力勝負であるという事を語るのでした。

他に何か情報がないかと聞かれ、関係ないかもしれないが…という前置きを置いて、部長は結構年齢が上の方だという事を伝えた岸本。

すると八木は頬を紅潮させ、自分はおじさん受けがいいから任せて!と言い出します。

今しがた女を使うなと語ったばかりなのに…と衝撃を受ける岸本でした。

 

プレゼンの資料は出来ているのかという話になり、内容がスカスカだと叱責を受ける岸本。

口頭でも説明するので、詰め込みすぎない方が良いと、意見を返します。

しかし八木は、情報量が多い方が有難いから、と真逆の意見をぶつけてきました。

併せて、理由を先に説明しておかないと聞いていても納得出来ないから、結論は後に書くべきだ、と指摘する八木。

最初に結論を提示して内容は完結に…細かい部分は口頭でやるように、と荒川に教えられていた通りに資料を作った岸本ですが、八木の指摘を素直に受け止めるのでした。

ひと通り注意し終わった八木は、ため息交じりに自分の時間が岸本のミスのカバーで無駄にされてしまう、と迷惑そうな態度で語ります。

謝る岸本に、今回は自分が作り直しておく、と言い残し立ち去った八木…。

 

場所は変わり、岸本へ会議に出られなかったことを謝罪する荒川。

プレゼン資料の反応はどうだったかと聞かれ、八木が作り直すこととなったことを伝える岸本は、相談に乗ってもらったのに勉強不足でしたと返します。

何かを考えるように少し間をおいてから、よく出来ていたと思う、と言う荒川。

岸本は嬉しそうにお礼を言い、和やかな空気が流れるのでした。

 

後日、3人で向かう先方への待ち合わせ時間になっても、現れない八木。

ようやくやった来たと思えば、ぼやぼやせずに行くべき、遅刻は厳禁だ、と二人に言い放ちます。

キツイ香水を漂わせ、以前岸本にした注意をしたはずのピンクのブラウスで上機嫌で向かう八木…。

先方で企画説明をする八木の資料に目を通した岸本は、以前自分で注意していたことが全然反映されていないことに不安を覚えました。

楽しそうに女らしさを全力で出し、タメ口を混ぜながら甘えるような口調で先方に接する八木。

今回みたいな年上のお客様は、相手を気持ちの良い気分にさせることが仕事のうちだと語りますが、岸本に相手方は引いていた気がする…と心の中で思います。

すると、双方プロとして仕事をしている以上、その態度では信用をなくすのではと提言した荒川。

しかし八木は、今までの経験から確実な手段を取っている、この業界は浅いのに変な口出ししないで、と嫌な態度で言い返します。

社歴が長い人間を尊重しない態度を続けるようなら考えがある、とまで荒川を脅す八木。

荒川は、諦めたようにため息をついて、別の訪問へと向かうのでした。

 

二人きりになった八木と岸本。

岸本は、今日の会議は複数案を提示しなくてよかったのか、と問いかけます。

以前、八木自身から注意を受けた、複数案がないと提示できない、という言葉。

資料には根拠となる数字もなかったから心配だ、と八木に伝えると、彼女は歯ぎしりして叫ぶように反論します。

自分の案は密度が濃いから、先方を迷わせる方が失礼であるーーー。

そもそも根拠をこれから探すのが岸本の仕事だ、と言い残し、ランチミーティングがあるからとその場を後にする八木でした。

 

岸本が会社に戻ると、電話が鳴ります。

電話の相手は、八木が現在ランチミーティングをしている予定である取引先。

不在の旨を伝えると、何時に戻るかと聞かれます。

先方の話し方的に、ミーティングしていなさそうだと感じ、考え込んでいる岸本。

すると取引先から戻り、その様子を見た荒川がどうしたのと問いかけます。

電話の件を報告するところに、丁度八木が戻ってくるのでした。

岸本は、慌てて電話があった旨を伝えると、ツンとした態度で席に着く八木。

考えすぎだ、と自分を納得させようとする岸本でしたが、荒川は先ほどの連絡について八木に言及します。

取引先の方だけ先に帰ったと反論する八木でしたが、最近頻繁にランチミーティングをしており、経費の使い過ぎでは…と返した荒川。

八木は、自分は得意先が多いと立ち上がり叫び、荒川を黙らせるのでした。

そして不機嫌そうに岸本に当たり散らす八木なのでした。

 

後日、社内で面談があり、企画会議の時、八木が自分の資料とも全く同じ企画を出していたということを、岸本は課長に相談します。

しかし課長に、一緒にいる時間が長いと影響を受けることもあるから恥ずかしがることはない、と全く見当違いの返しをされてしまう岸本。

独自調査したアンケートまで、八木の企画に挟まれていたことを話しますが…。

八木を評価している様子の課長には、何も取り合ってもらえません。

それどころか、岸本が無闇に疑い失敗を認めない人間、真似したのは岸本の方、という空気で面談は終わってしまうのでしたーーー。

>>>ワタシはいいのワタシはね ネタバレ 5巻はこちら

ワタシはいいのワタシはね を無料で読む方法!

「ワタシはいいの、ワタシはね」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

ワタシはいいのワタシはね ネタバレ 4巻 の感想!

一生懸命頑張っている岸本が可哀想なぐらい、好き放題の八木。

自分には甘い八木が言っている事には、笑ってしまうほど一貫性がありませんね。

よく自分の言ったことを、清々しいくらいに行動で覆せるなぁ…とある意味感心してしまいました。

ここまでやって、よく自分を正当化して恥ずかしくなく生きていられますね。

本当に不思議…。

そして岸本の必死な訴えが、全く響いていない様子の課長。

何か裏で八木と繋がってそうな感じです…。

続きが気になりますね!

タイトルとURLをコピーしました