葬礼の案内人 ネタバレ全話まとめ!最新話から最終回の結末まで

漫画ネタバレ

めちゃコミックで独占先行配信中の漫画「葬礼の案内人」(咲間はち子/一那先生)のネタバレを全話まとめてご紹介しますね!

最新話から最終回の結末まで、更新していきます。

星ノ屋葬儀社の清見の能力・・・それは故人の記憶を遺族に届けるという不思議なものでした。

残された遺族の悲しみや後悔を少しでも軽くする、そんな温かくも切ないストーリー。

今日も誰かの魂を導く案内人として、遺族に寄り添う清見の姿に、泣けると話題の漫画です!

葬礼の案内人 のネタバレ
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 – 

葬礼の案内人 ネタバレ 1話のあらすじ!

あなたがもし、大切な人を亡くしてしまったら…ー-。

その大切な人を思い出を知りたいと思うのなら、私が届けます…。

 

母を亡くし、後悔の念を抱えた女性がいました。

女性の名は溝上美幸。

美幸のひざには母が遺した、手書きのレシピノートがあります。

これを貰っていいのか、自分にはその資格があるのだろうか…。

そう考えると、このレシピノートの中を見ることすら出来ない美幸。

もっと母の様子を見に来ていたら、そうしたら…と、泣きはらした顔でぼんやりと座っているのです。

とそこへ、インターホンの音が聞こえてきます。

慌てて玄関に向かうと、そこに居たのは星ノ屋葬儀社の清見でした。

葬儀の打ち合わせとしてやって来た清見は、手に菊の花を持っていました。

枕飾り用に…と持って来た菊の花は、美幸との電話で母は花が好きだったから、という言葉を聞いた清見の気遣い。

そんな清見の優しさに、母さんが喜ぶわ、と笑う美幸なのでしたー--。

(続きは 葬礼の案内人 ネタバレ 1話 をご覧下さい!)

ネタバレ一覧はこちら

葬礼の案内人 ネタバレ 1話 の感想!

清見の不思議な能力に、引き込まれるお話でした!

誰もが大切な人を失ってしまったら、美幸と同じ様に後悔の念を抱えてしまいますよね。

それが突然だったとしたら、なおさら悲しみを抱えてしまうと思います。

そんな悲しみに寄り添うように現れた清見。

故人の記憶とは・・・一体どんなものなんでしょう?

清見の能力によって、少しでも美幸の気持ちが前向きになれるといいですね!

誰もに訪れるであろう、大切な人との別れ。

難しいテーマを、今後どのように描いていくか気になりますね!

タイトルとURLをコピーしました