執事黒星は傅かないネタバレ 47話!パーティーに参加する紫と花織の前に現れたのは…

漫画ネタバレ

花とゆめの漫画「執事黒星は傅かない」(音久無先生)47話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

熱が出てしまったのに、黒星に会いたくて彼のベッドで眠っていた紫。

いじらしい紫に胸キュンMAXの黒星…一方おじい様は紫に2つ目の課題を…?

「執事黒星は傅かない」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

執事黒星は傅かないネタバレ 47話!パーティーに参加する紫と花織の前に現れたのは…

紫の友人である花織ーーー。

顔はいいけど正確に難のある俳優、中御門阿蓮と連絡を取り合う仲になりました。

イギリスへ行く紫を見送りに空港へ行った時、クマーニというブランドの財布を持っていた花織に声を掛けたのが、阿連。

それ以来連絡を取るようになりましたが、そんな阿連から突然、来週金曜日に横浜港で待ち合わせという泊まりがけのパーティへと誘われます。

その話を紫へすると、自分もその日はおじいさまのパーティだと話し、花織はお揃いだと笑います。

 

当日、花織が阿連に連れてこられたのは、船上パーティでした。

船上パーティとは聞いていなかった花織は、聞いてない!と驚き、場違いじゃないかを気にします。

しかし阿連は、このパーティは同伴者が必要で、花織は自分の猫かぶりを知っているから楽だと話すのでした。

阿連が用意してくれたドレスは、クマーニの新作ドレスでした。

阿連…神!と思いながら着てみる花織ですが、明らかにサイズが大きく合いません。

阿連へ、ドレスがなきゃどうするのよ!と言う花織に、通りがかった紫が声を掛けます。

紫が話していたパーティも、実は花織と同じパーティなのでした。

花織がドレスが合わないことを話すと、紫は黒星が大量に持ってきてしまったと言って、自分のドレスを花織に貸してくれました。

本当の神は紫だ…と思う花織なのでした。

 

時はパーティへ参加する前ーーー文化祭の後の話です。

紫は、祖父と黒星と3人で話しています。

文化祭の成功による紫の成長を見に行くことを断られた悲しみから、紫を褒めながら涙を流している祖父。

泣いている理由を黒星に解説された紫は、祖父が文化祭にきてしまったら自分の家柄がばれてしまうと思って、と言いましたが…。

わかっている、と言いながら涙を流し続ける祖父です。

黒星は紫へ、面倒な人間に付き合っていたら疲弊してしまう、と話します。

イラっとした祖父は、黒星と目の前でメッセージのやり取りをして、言い合いをするのでした。

祖父から次の課題として言われたのは、船上パーティに参加する百組の参列者へのあいさつ回りでした。

そのため、紫と黒星は船上パーティへ参加をすることとなったのです。

 

船上パーティで花織と会った紫は、自分の部屋へと案内します。

このパーティは自分の祖父が主催であることを話し、紫の世界はぶっ飛んでいる…と思う花織。

紫の使用しているスイートルームへ入った花織が部屋に驚いていると、ドレスのある部屋へと案内されました。

花織が部屋へ入ると、黒星がキラキラした笑顔でドレスを紹介します。

黒星の微笑みにドレスが霞む・・・と思う花織。

紫は細いから私でも着られるやつはあるかな?と言いながらドレスを選ぶ花織に、黒星が似合いそうなドレスを提案します。

クマーニのデザイナーも来ているから、クマーニでお揃いにしよう、と言う紫。

すると紫のドレスはオーダーメイドしたもので…花織はさらに驚きます。

花織に好きなのを着てみて!私たちは隣の部屋で待ってるね!と声をかけ、紫と黒星は部屋を移動するのでした。

 

時間があれば出席者リストを確認する紫を、黒星は手を広げながら呼びます。

パーティ前のリラックスタイムだという黒星に、緊張をほぐそうとしてくれていると気付く紫。

黒星の上に座って、ありがとう…と赤面しながら言います。

黒星は抱き寄せ、ちゃんとできるかな…と不安な紫に、自分がついていると言います。

そのまま2人がキスをしようとして…。

しかし花織が部屋へ入ってきて、このドレスはどうかな?と声を掛けるのでした。

紫は黒星を付き離して赤面しながら、すごく似合うと答えます。

花織は、今絶対イチャイチャしてた・・・!と感づくのでした。

 

旦那様に呼ばれたと言って黒星は席を外し、紫は花織とアクセサリーを選び始めます。

黒星が部屋を出て、すぐに呼び鈴が鳴りました。

紫が黒星が忘れ物で戻ってきたのかと思いドアを開けると、そこには綺麗な女性が立っています。

その女性は英語でグレゴリーはいるかと聞きますが、紫は理解できず…。

続けて女性は日本語で、今は黒星と名乗っているんだった、と言い直します。

日本語話せるんだ、と驚きながらも紫は誰ですか?と尋ねます。

その女性は、名乗らずごめんなさいと謝り、キャロライン・グレンジャーと名乗ります。

なんとキャロラインはーーー黒星と自分は恋人同士だと話したのです。

それを聞いた紫はふらつきますが、後ろで聞いていた花織がすかさず、黒星の恋人はここにちゃんといるからウソだと言い返します。

じゃあ私は元恋人かしら?と言うキャロラインと紫たちが向かい合っていると…。

横からキャリー?と言いながら黒星が戻ってきたのです。

波乱のクルーズが始まろうとしているのでしたーーー。

>>>執事黒星は傅かないネタバレ 48話 はこちら

執事黒星は傅かない を無料で読む方法!

「執事黒星は傅かない」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

執事黒星は傅かないネタバレ 47話 の感想!

花織の驚く気持ちが、すごく理解できる話でした(笑)

船上クルーズを主催する家族がいるってすごいことですよね!

一般人とは全く違う世界の人、という感じがします。

そしてこのクルーズは二泊三日ですよね。

最後に黒星の元恋人だと話す、気になる人物が登場してきました・・・。

黒星もキャリーと呼んでいることから、何かしらの関係があったことは間違いないとは思うのですが・・・。

何もない事を祈りたいです!

こんな状況で始まった二泊三日のクルーズでの展開が、引き続き気になりますね!

タイトルとURLをコピーしました