桜のひめごと ネタバレ 18話!清志郎から逃げ出した桜子…遊星は足抜けを決行するも

漫画ネタバレ

姉フレンドの漫画「桜のひめごと~裏吉原恋事変~」(鈴菜先生)18話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

遊星の体内に埋め込まれた発信機のありかを、清志郎から聞いた桜子。

摘出するのに名医を手配する代わりに、自分と結婚するようにと清志郎から迫られますが…!?

「桜のひめごと」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

桜のひめごと ネタバレ 18話!清志郎から逃げ出した桜子…遊星は足抜けを決行するも

婚姻届の妻の欄に署名し、その上で自分に抱かれるのであれば、遊星を自由にするという取引を清志郎から持ちかけられた桜子。

その日から1ヶ月が過ぎようとしていたのですが、決断を下せずにいました。

遊星を救う道はただひとつ、清志郎との結婚を承諾することだとわかっているし、彼に抱かれる覚悟もできている桜子。

でも、このまま遊星に会わずに決心するということはできないため、決断を下す前に会いたいと考えています。

しかし桜子は、この1ヶ月・・・逃げ出さないようにとバストイレ付きの部屋にずっと閉じ込められていたのでした。

携帯も奪われ、遊星に会いに行くどころか部屋から出ることを一切許されていなかったのです。

それでも、どんなことをしても抜け出して遊星に会う!と、決して諦めてなどいない桜子。

明日必ず婚姻届にサインをするから、今夜だけは一人きりで心の準備をさせてほしいと清志郎を説得し、部屋で一人きりになるチャンスを得ます。

清志郎が出ていったのを確認し、急いでシーツを引っ張った桜子。

ベランダの手すりにそれを結んで一階へと垂らし、シーツをつたってどうにか地面へと降り立ちます。

そして、裸足のまま樹里の家へと急いだのでした。

 

桜子と連絡が取れなくて心配していた樹里は、泥だらけの服と裸足姿で突如訪ねてきた彼女に目を丸くして驚き、何があったのかと訊ねます。

ここまで走ってきたのと・・・だけ答えた桜子は、今すぐ会いに行かなきゃ二度と会えないから・・・と樹里に言います。

そして預けていた朱雀門のパスとタクシー代を借りたいのだと、頭を下げる桜子。

清志郎にバレたんだと悟った樹里は、桜子に協力することを決意します。

服と靴も用意するから、その間に足を洗って消毒しなさい、と桜子に言う樹里なのでした。

 

一方で、桜子からの予約がなく、家にバレたのかもしれない・・・と嫌な予感がしていた遊星。

滝沢からは、桜子の出入りを禁ずる通達はでていないから、別の理由があるのではないかと言われます。

そうだとしても、このまま会えなかったら・・・と思う遊星。

足抜けをしようと考えており、これまで発信機が体内に埋まったまま足抜けできた殿御を見たことがあるか、と滝沢に訊ねます。

ここ25年で5名が外堀を越え逃げたが、いずれも3日以内に死んだとされている、と返した滝沢。

発信機が起爆する72時間以内に外の病院で取り出せれば・・・と考えを述べるも、身元不明の殿御が発信機の話をしたところで誰も耳を傾けはしないし、爆発物だと知られれば通報され、組織に潰されると指摘されてしまいます。

するとそこへ、響夜が受付に待ち焦がれた女が来てる、と遊星に知らせにやって来たのです。

桜子のことだと一瞬でわかった遊星は、受付へと急ぎます。

そして桜子を見つけるなり、なにかあったのかと心配してたと言い、強く抱きしめるのでした。

 

部屋に入るなり、互いにまず話すよりも、温もりを感じたくて・・・久しぶりに身体を重ねる桜子と遊星。

何十年先でも鮮明に思い出せるようにと、桜子は遊星を全身全霊で感じ、自分に深く刻みつけます。

そして、互いを思う気持ちが好きという言葉では足りないと思った二人は、抱き合いながら愛している・・・と交わしたのです。

さらに、遊星の一部を宿せたら離れ離れでも繋がっていられる気がする、と思った桜子。

清志郎への大きな裏切りだとわかっていながらも、今自分たちを隔てているこの薄い膜を取ってほしい、と遊星にお願いをします。

桜子の言葉で理性が飛んだ遊星は、隔たりを取って彼女のナカへと入り・・・奥深くに注ぎ込んだのでした。

 

もう思い残すことがないくらい、遊星から一生分の愛情をもらった桜子。

そろそろタイムリミットである夜明けがきてしまうため、ベッドから立ち上がります。

そして、泣いている顔を見られるぬように彼に背を向け、遊星が自由になれる手立てを見つけたから、あと少しだけ信じて待っていてほしい、と言い残して去ろうとしたのです。

しかし遊星には隠し事をしているのがバレバレだったようで・・・そろそろ隠していることを聞いてもいい?と言い、腕を掴まれ引き止められてしまうのでした。

こうして、発信機の在りかや清志郎から出された条件など、全てを遊星に話した桜子。

それを聞いた遊星は、桜子のことは死んだって渡さないと断言します。

さらに遊星は、自分がすべきことがひとつあるから付いて来てと言い・・・桜子を連れ響夜の部屋を訪れたのでした。

 

寝ている響夜を叩き起こし、今から足抜けするから潜りの医者の情報が知りたい、と話す遊星。

危険な賭けはやめてと桜子に止められるものの、たとえ命を懸けても桜子を他の男には渡さない、と真剣な顔つきで宣言します。

状況を察し、足抜けに協力すると言ってくれた響夜。

尚も反対する桜子に、惚れた女を差し出して生き延びる方が地獄だっていう、遊星の意を汲んでやってほしいと説得します。

また悠馬も、きっとうまくいくから大丈夫だと桜子に言葉をかけたのでした。

滝沢にも協力をお願いし、足抜けの作戦会議をする4人。

決行の合図は桜子が先に門を出たらだと話す響夜は、逃げきれたら、いち早く渡したメモにある医者の居所を知っている男と接触するように、とに指示をします。

恩に着る・・・と、協力してくれる二人にお礼を言った遊星。

作戦決行前にもう一度桜子を抱きしめ、大丈夫だから信じて待ってて、と伝えます。

 

門の近くで滝沢と響夜がひと芝居うって騒ぎを起こしてくれている間、その混乱に紛れて門を出た遊星。

センサーは鳴ったものの、足抜けではなく滝沢と響夜が喧嘩をしていたから鳴っただけで、誤報であると判断されます。

そこへ現れ、この騒ぎは一体なんだ、と滝沢に訊ねた清志郎。

これは私共の失態が招いた誤報であると滝沢が説明しようとした時、SPの一人が遊星が逃げ出していることに気付いたのです。

遊星の走って行く先に桜子の姿を見つけ、SPに発砲するな!と指示を促そうとした清志郎。

しかし次の瞬間、発砲音がし・・・遊星は胸を撃たれ、そのまま川へと転落してしまいます。

いやぁー!と絶叫する桜子は遊星の後を追い、自ら川へと飛び込んだのでしたー--。

>>>桜のひめごと ネタバレ 19話 はこちら

桜のひめごと を無料で読む方法!

「桜のひめごと」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

桜のひめごと ネタバレ 18話 の感想!

ようやく会うことができて、滝沢と響夜の協力を得て逃げ出すことができるかと思ったのに・・・。

やっぱりこういう悲しい展開になってしまうんですね(涙)

どうか遊星も桜子も無事でありますように!!

そして、二人には絶対幸せになってほしいですね!

続きが気になって仕方ありません・・・。

タイトルとURLをコピーしました