桜のひめごと ネタバレ 17話!清志郎に突きつけられた選択…遊星を自由にする条件は

漫画ネタバレ

姉フレンドの漫画「桜のひめごと~裏吉原恋事変~」(鈴菜先生)17話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

記憶を取り戻した遊星と結ばれた桜子は、彼の体内発信機の位置データの手掛かりを捜します。

捜しているうちに見つけた、書斎にあった女医の写真…しかしその時清志郎が現れて…!?

「桜のひめごと」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

桜のひめごと ネタバレ 17話!清志郎に突きつけられた選択…遊星を自由にする条件は

記憶障害の父が口にした「しのぶ」さん、父が飾っていた女医さんの写真・・・。

しかし体内発信機の情報について、何ひとつ手がかりを掴めないでいる桜子。

一番怪しいと考えているのは清志郎の書斎ですが、いつも鍵がかかっていて入ることができないのです。

ところが、この日はラッキーなことにドアが閉めかけの状態な上に、清志郎が急遽1泊で香港へ出張になり・・・チャンスが巡ってきます。

 

清志郎を見送った後、父の様子を見に病院へ寄り・・・樹里の家を訪れた桜子。

預かってもらっていた朱雀門を受け取り、遊星に会いに行きます。

会うなりキスを交わし遊星と身体を重ねる桜子。

大好きな人と本当の意味でも繋がれて幸せなのに、遊星が自分だけのものじゃないからか・・・何かが足りないと感じています。

他のお客さんともこんな感じなのかと、秘めていた思いを口にした桜子。

これが仕事だと頭では理解しているけど、想像すると辛いのだと明かし、どんどん自分が面倒な女になっていくことに嫌気が刺したのでした。

遊星はそんな桜子を優しく抱きしめると、最近は面倒じゃない客だけを受け入れて大半の客を断っていると教えてくれます。

そして、これだけは信じてほしいと言って、こう伝えたのです。

もうずっと・・・桜子以外は抱いていないし、この先も抱く気はない、と。

そして二人は、熱くキスを交わしたのでした。

 

その様子を、幹部以外立ち入り厳禁である監視室から見ていた清志郎。

二人の会話から、清志郎が不在の間に体内発信機の位置を記したデータを桜子が探そうとしていること、遊星が悠馬の記憶を取り戻したことを知ります。

その後も清志郎は、愛し合う二人の様子を・・・拳をぎゅっと強く握って悔しそうに見ていたのです。

 

清志郎の書斎に入ることに成功したものの パソコンのロックを解除するのに手間取ってしまう桜子。

両親や兄の誕生日、車のナンバーなどを入力するも開かず、試しに自分の誕生日を入力してみます。

するとロックが解除され、入ることができたのです。

しかしそのタイミングで 香港に居るはずの清志郎が背後から現れます。

そして睡眠薬を染み込ませたハンカチで鼻と口を塞がれてしまい・・・桜子は意識を失ってしまったのでした。

 

目を覚ますと清志郎の腕の中にいて、服も下着を脱がされた状態で・・・ベッドに横にならされていた桜子。

まさか ・・・と思うも、清志郎から抱いてはいないと教えられ、意識のない女を抱く趣味はないと言われます。

ただ・・・と続け、全身にキスをし、遊星がつけた感触を上書きさせてもらった、と口にした清志郎。

さらに清志郎は、悠馬と一緒だったんだろ?と聞き、ああ今は「遊星」だったなと付け足します。

バレてしまい動揺する桜子に、あいつに言いくるめられて発信機のありかを探っているのか?と言う清志郎。

彼はそんな人ではないと反論し、こんな仕事に加担していたなんて・・・と桜子は清志郎を軽蔑します。

本庄の力だけではどうにもならないんだと言う清志郎は、あの父親の下でどんな汚い仕事にも耐えられたのは、桜子を誰にも渡さないためだと思いを打ち明けたのです。

手を出すのを躊躇うほど真っ白に成長した桜子を、赤く染めるのは自分のはずだったのに・・・それを悠馬が壊したのだと嘆く清志郎。

腐った家庭環境の中でも笑顔を絶やさない桜子に、日々心が洗われて救われたのだと話します。

大事な友人の家族を救うことができず、桜子に深い傷を負わせてしまった時、兄として一生かけて守り抜くと決心したのだと・・・。

そして、それと同時に恋愛感情が急速に芽生え、妹としてではなく一人の女性として好きになったと明かしたのです。

桜子の両手の自由を奪い、胸を舐め出した清志郎は、この続きは同意を得てからにする・・・とささやきます。

そして一旦桜子から離れ、発信機のありかが記された書類を渡したのです。

 

清志郎から渡された書類で、発信機のありかは取り出しが困難な心臓にあることを知った桜子。

さらに、自分自身で取り出すことは不可能な上に、医師でも埋め込みはもとより取り出しには困難を極めると教えられます。

摘出には万全の医療体制が必要で、あの街で秘密裏に行うことになり、会長が不在の今・・・その権限を行使できるのは自分だけであると説明する清志郎。

桜子の返答次第で悠馬を助けると言い、2枚目の書類を見るよう促します。

しかし2枚目の書類は婚姻届で・・・夫の欄にはすでに清志郎の署名がされていたのです。

妻の欄に署名をしてほしい、と桜子にお願いする清志郎。

その上で自分に抱かれるなら遊星を自由にするし、もしそれができないなら遊星は一生・・・朱雀門を出ることもなく殿御として飼い殺しにされることになる、と酷な選択を突きつけたのでした。

>>>桜のひめごと ネタバレ 18話 はこちら

桜のひめごと を無料で読む方法!

「桜のひめごと」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

桜のひめごと ネタバレ 17話 の感想!

清志郎さんはこうやっていつも桜子の事を監視したり、他の異性が寄り付かないようにしていたんですね・・・。

やってる事がもはやストーカーで、めちゃくちゃ怖いです!!

しかも桜子に究極の選択をさせるなんてやり方が汚すぎて・・・。

もっと正々堂々と、真っ正面からぶつかっていきなさいよって思います。

酷な選択を迫られた桜子は一体どんな答えを出すのでしょうか!?

早く続きが読みたいです!

タイトルとURLをコピーしました