パンメーカーのコムギくん ネタバレ 3話!大量発注した食パンをつき返されたコムギ…

漫画ネタバレ

めちゃコミックで独占先行配信中の漫画「パンメーカーのコムギくん」(深蔵先生)3話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

子供の頃に慣れ親しんだパンの味、もっとみんなに知って欲しい!とパンメーカーの営業となった大麦コムギ。

大きな契約がとれたと喜んでいたけれど、そんな発注は依頼していないとスーパーゲキヤスの店長に言われ大ピンチ!?

慌ててスーパーゲキヤスへ向かうコムギくん、一体どういうことなの!?

U-NEXTに無料登録すると600円分のポイントがもらえます☆

今すぐ漫画を無料で読む

※31日以内の解約でタダで漫画が読めます

パンメーカーのコムギくん ネタバレ 3話!大量発注した食パンをつき返されたコムギ…

スーパーゲキヤスの店長である米谷から、食パン1500斤という大きな注文を取ることができたコムギ。

少し変わった性格で何かと嫌味な米谷なのですが、発注のサインも無事もらえたのでコムギもひと安心していたのですが・・・。

スーパーゲキヤスの周年祭当日の朝、米谷から電話があり・・・発注していない食パンが山ほど届いていると電話があったのです。

発注ミスというより、そもそもそんなものは頼んだ覚えがない、と言い張る米沢。

でも、コムギの手元には米沢のサインが書いてある発注書が確かにあるのです。

しかも、コムギは前日に念のため確認の電話も入れていたのでした。

焦りまくるコムギに、日ごろから担当者との信頼関係がしっかりと築けていないから、こういう行き違いが起きるのだと一喝するコムギの上司。

これがすべて無駄になったりしたら、売上達成どころか進退にも影響するからな、と言われてしまいます。

落ち込むコムギに、とりあえず回収しに行こうと声を掛けてくれた先輩。

が・・・コムギの乗っている社有車は軽バンで、1500斤もの食パンは積めないのです。

すると、他の先輩や同僚達も快く協力する、と言って手を挙げてくれたのでした。

コムギもクヨクヨしている場合ではないと気持ちを立て直し、慌ててスーパーゲキヤスへと向かいます。

 

到着すると…大量のコンテナに高く積まれた1500斤もの食パンを指差し、これじゃ送り付け詐欺と同じようなものだ!とまで言い放つ米沢。

証拠として発注書を目の前に突き出したコムギでしたが・・・それを奪い取った米沢はなんとビリビリにそれを破り捨ててしまったのです。

注文していないものは注文していない!と言い切る米沢に納得ができないコムギ。

が・・・そんなコムギの頭をガシッと掴み、無理矢理頭を下げさせる先輩。

納得ができなくとも・・・ここは謝るべきだと耳元で言うのです。

自分達の仕事はパンを売ることだけれど、その前に相手との信頼関係を築くのが大事だと。

少なからずコムギは、目の前の売上目標のことばかりが頭にあって、米沢との関係は良好でないまま話を進めてしまったのではないかと先輩は言うのでした。

もちろん今回、一番悪いのは米沢だけど・・・と一緒に頭を抱えてくれる先輩。

そこへ、さっきの他の先輩や同僚達がどんどん集まり、自分の担当の地域でこの食パンを引き取ってくれるところを次々と見つけてきてくれているのでした。

きっと他のみんなは信頼関係を築けているからこそ、こういう時に引き取ってくれる店があるのだとしみじみわかったコムギなのでした。

 

500斤は引き取りが見つかり、残りは1000斤。

500斤はこっちでどうにかするから、残りの500斤は自分の担当エリアでどうにかするようにと先輩から言われたコムギ。

食パンを抱えて考え込んでいると、山下が声を掛けてきました。

山下が言うには、いままで米沢は何度もこういったことを繰り返しているとのことで、山下自身も被害に遭ったことがあるそう。

発注後でも他のメーカーのほうが安く見積もってきたら、こうやって当たり前のようにバックレているとのこと。

そして、今日はハセガワストアが特売日だから、そこへ一緒に行ってみようと山下は言い、コムギの手を引いて向かうのでした。

うちの売り場を縮小しても構わないから、どうにかコムギのほうの500斤も一緒に売らせて欲しい、と頭を下げてまで担当の長谷川に頼んでくれた山下。

すると、品出しを自分達でやってくれるのなら・・・と了承をもらうことができたのでした。

どうにか品出しを終えると、ポップを書いてアピールすることを山下から勧められたコムギは、慣れた手つきでどんどん売り場を明るく目立つように仕上げていきます。

山下のほうの食パンはフワフワが売りで、コムギのほうの食パンはモチモチが売り。

それを競い合わせるように、うまいことポップで目立たせたのです。

それを見て、感心している長谷川。

いつも素っ気ないようだけれど、実は今までもちゃんとポップを見ていてくれたことがわかり、嬉しくなるコムギ。

ここで山下は、車に積んであったというトースターを持ってきます。

これを使って、二人で店頭に立って、試食をさせながら売ろうというのでした。

 

いいパンの香りがストア中に漂い、お客さんも足を止めてくれ・・・どんどん売れていく食パン。

数時間後には、残り100斤とまでなり、きっと夕方の混雑する頃には売り切れるだろうとの予想がつきます。

今日初めて、信頼関係とはこういうものなのだとわかったコムギ。

この仕事に誇りを持ち、さらにやる気をみなぎらせます。

営業スタイルは人それぞれだけれど、コムギはこれからも、得意のポップを作ってパンを売っていこうと心に誓うのでした。

お客様の笑顔が見られるように、と願ってーーー。

漫画を無料で読む方法!

漫画を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

漫画を無料で読みたい場合、電子書籍配信サービスの無料ポイントがおすすめ!

配信サービス 特典
U-NEXT ・31日間の無料トライアルあり
600円分のポイントがもらえる
今すぐ読む
コミック.jp ・30日間の無料トライアルあり
1350円分のポイントがもらえる
今すぐ読む
eBookJapan ・会員登録無料
・初回ログインで50%OFFクーポンがもらえる
今すぐ読む
まんが王国 ・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元あり
今すぐ読む
FOD ・2週間無料おためしあり
最大で900円分のポイントがもらえる
今すぐ読む

パンメーカーのコムギくん ネタバレ 3話!大量発注した食パンをつき返されたコムギ…

どういう話なのかと思いながら読み進めましたけれど、最後は一件落着って感じですっきりした終わりでした。

いつもよく行くスーパーのパンコーナーですが、こんな物語が裏にはあるとは驚きました。

これからついつい、ポップの有る無しとかにも目がいってしまいそうです。

あとは、無性に食パンが食べたくなりました(笑)

元々パンは好きなので、こんな裏方さんのお話を知ることができて、面白かったです。

なかなかないお話ですよね!?

続編?のようなのもあるみたいなので、そちらも楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました