王の獣 ネタバレ 31話!蘇月を見つけ出した藍月…しかしそこに皇帝とその従獣が現れ

漫画ネタバレ

Cheese!の漫画「王の獣~掩蔽のアルカナ~」(藤間麗先生)31話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

後宮へ忍び込むために、璃琳によって宮女へと変装をした藍月を可愛いと愛でる天耀。

必ず蘇月を助け出すと藍月が誓う一方で、蘇月は皇帝の病を治すため酷い仕打ちをされており…!

「王の獣」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

王の獣 ネタバレ 31話!蘇月を見つけ出した藍月…しかしそこに皇帝とその従獣が現れ

着替えた藍月を見て、まあこんなものねと璃琳が言いますが、尻尾は隠せたけど、耳が邪魔ね…と悩んでいます。

璃琳は押し込んでみるかと、耳をグイッと折りたたむように触ると、藍月は思わず声を出してしまいました。

璃琳は痛くしてしまった?と聞きましたが、恥ずかしそうに目を伏せています。

それを見た璃琳はにやりとすると、こちょこちょと藍月の耳を触りながら、可愛いところもあるんじゃないと言うのでした。

そんな璃琳を見て、こうゆうところが兄妹だな…と江凱の顔を思い出す藍月。

一方で藍月が着替えているところを見つめる璃琳は、何か思うところがあるといった表情です。

 

無事に後宮に入れた藍月は、璃琳に度胸があるのですねと言います。

これで自分も、手引きした璃琳も…失敗すればただでは済まないと脅す様に言う藍月。

すると璃琳は、自分だって皇帝の敵に回ることになるのだから、そんなの嫌だし怖いに決まっていると言いますが、でも…もうやるしかないでしょと覚悟を決めているようです。

蘇月を助けることができてもできなくても、この国は変わるんだからと璃琳が言いました。

藍月は、自身の父親でもある皇帝と兄たちを秤にかけて兄たちを選んだ璃琳は、やはり江凱に似ていると感心するのでした。

一方で璃琳は、蘇月がいなくなってからずっと、心の奥底で自分が墨が蘇月を亡き者にしてしまったんじゃないか、蘇月が生きているかもしれないと知っても不安で仕方がなかった、と考えていました。

何より、天耀をひどく悲しませてしまったことが、いつも心に引っかかっていたのでした。

蘇月を殺したのは自分じゃないと、たくさんの言い訳を考えては何か分からないものに怯えてきた璃琳。

そもそもの発端が自分であることを自覚しながらも、自分じゃない…と怯えることを繰り返してきたのです。

しかしその間に藍月はもがき苦しみ、女であることを隠してまで仇を討とうと、皇宮へ来たことに璃琳は気づきます。

璃琳は塀の上を行こうとしている藍月を呼び止めると、ごめんなさいと謝ります。

そして、蘇月を見つけてきて…と藍月に頼むのでした。

 

その頃、天耀と太博は、皇帝との謁見へと向かっています。

藍月は大丈夫だろうかと話す天耀に、まだ騒ぎにはなっていないようです、と太博。

天耀は、覚悟を決めたような表情で太博に後は頼んだぞと言い、皇帝の所へ向かうのでした。

 

皇帝は玉座に座り、天耀はその前で立ち、目を伏せています、

周りの役人たちと話を進めている間に、天耀は状況を確認していきます。

皇帝付きの護衛や役人たちもみんな出てきてはいるけど、皇帝の従獣がいないことに気付き、少しまずいなと焦った表情をする天耀。

璃琳、太博、天耀、そして藍月ーーー。

それぞれの想いが、前へと体を突き動かしています。

 

ついに蘇月を見つけた藍月。

思わず蘇月に駆け寄り抱きしめます。

声をかけますが、蘇月はびっくりしたまま藍月…とだけ声に出しました。

お互いの顔を見つめ合うと、2人ともじわじわと涙が溢れ出します。

蘇月の首につながれた鎖を発見した藍月は、涙をぬぐいながら今切ってあげるからね…と鎖を切ろうと短剣を取り出しました。

その短剣で鎖を断ち切ろうとしますが、短剣はボキッと折れてしまい、なんで…と驚く藍月。

この鎖はどうやっても切れないから無駄なんだと言う蘇月は、藍月の肩を掴むと、見つかる前に早く逃げろ…捕まったら殺される、と言いました。

嫌だ、置いていくなんてできない、と泣きそうになりながらも鎖をどうにかしようとする藍月。

そんな藍月を見ながら蘇月は、会うことなんて諦めていたのに…苦痛に耐えてきてよかったと思うと、強く抱きしめたのでした。

 

しかし次の瞬間、早く逃げて!と藍月を突き放した蘇月。

これは罠で、病に侵されている皇帝たちは不死を手に入れようと必死でもう正気じゃない、もしかすると藍月を利用するつもりだと説明します。

困惑した様子の藍月を、必死で説得する蘇月。

恐らく皇帝にはもう時間が無くなってきていて、自分のアルカナをどうにかして活用しようと、何をされるか分からないんだ、と。

すると蘇月は、アルカナがないはずの藍月がどうやって従獣になったのか疑問に思い、尋ねます。

藍月は、男に成りすまして軍に入り従獣となったこと、アルカナはないと思っていたけど最近になって自覚したことを蘇月に打ち明けます。

慌てて蘇月は、ここではこれ以上話してはいけない、と藍月の口を手で塞ぎました。

自分が今まで味わってきた地獄を藍月には味合わせるわけにはいかない、と焦る蘇月。

もう一度藍月に逃げるように指示をしますがーーー。

背後から皇帝の従獣が近づいてくるのでした。

 

感動の再開に水を差したくはないのだが侵入者は捕らえなければいけない、と言うと藍月に襲い掛かる皇帝の従獣。

素早い攻撃に藍月も反応して防御しようとしますが、殴られた勢いで吹き飛ばされてしまいます。

藍月も櫛の髪飾りで反撃しようとしますが、皇帝の従獣に掴まれた腕がミシミシと音を立てます。

蹴りを入れて一度体制を立て直すと、皇帝の従獣は藍月に、戦いなれているなと感心するのでした。

すると、どうした彊虎…藍月に怪我を負わせるは大変なのか、と言いながら皇帝がやってきました。

だったらこれが役に立つなと言うと、縛られた天耀をどさっと雑に部屋に投げ入れます。

藍月と蘇月は、捕まっている天耀を見て驚いています。

剣を天耀に向けながら、大事な主人を殺されたくなければ大人しくしろ、と言い放つ皇帝。

天耀は藍月に声をかけようとしますが、ぐったりして声が出せません。

何もできない藍月の腕を掴んだ彊虎は、腕をボキッと折りました。

何てことするんだ!と思いながらも、何もできない天耀と蘇月。

次に彊虎は、藍月の首に手をかけ締めようとすると、そのまま思いっきり体を放り投げ、壁を突き破り部屋の外へ出しました。

倒れ込む藍月に近づき、治癒しないことを確認した彊虎と皇帝。

期待外れだが双子ならシンクロするかもしれない、このまま監禁して様子を見ようと言い出します。

そして皇帝が振り返り蘇月を見ると、今夜はどの臓器をもらおうか…と言うのでした。

怯える蘇月に、何もできない天耀、そして怒りを露わにしながら治癒し始める藍月ーーー!

>>>王の獣 ネタバレ 32話 はこちら

王の獣 を無料で読む方法!

「王の獣」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

王の獣 ネタバレ 31話 の感想!

強気で自信家の璃琳も、蘇月がいなくなってからずっと不安で自分を責めていたんですね。

それでも璃琳は素直で人間味があって、何より芯のある女性は素敵だなと思います。

ついに再会した藍月と蘇月ですが、皇帝の従獣である彊虎にバレてしまいました。

どうして彊虎は皇帝の側にいなかったのか、そして皇帝が天耀を捕らえた経緯が気になります。

また、1番最後のシーンの藍月を見ると、今までのように治癒するのか、はたまた違った能力を見せてくれるのか…。

どちらにせよ、絶体絶命のピンチです!

藍月に天耀、そして蘇月が無事に乗り切ってくれるといいのですが…。

タイトルとURLをコピーしました