王の獣 ネタバレ 30話!後宮に忍び込む準備をする藍月…蘇月は恐ろしい仕打ちを…!

漫画ネタバレ

Cheese!の漫画「王の獣~掩蔽のアルカナ~」(藤間麗先生)30話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

天耀と縮まる距離に戸惑う藍月は、太博に相談するも逆に苛つかせる結果に。

再び天耀と二人きりなった藍月は、心が満たされ言葉など必要ないのだとそっと寄り添います。

二人が甘く近づく一方で、蘇月の行方を探る璃琳は後宮を下調べしていて…?

「王の獣」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

王の獣 ネタバレ 30話!後宮に忍び込む準備をする藍月…蘇月は恐ろしい仕打ちを…!

璃琳が、天耀と江凱に報告に来ています。

後宮にいる母に探りを入れると、皇帝が頻繁に面会している妃がいる、と少し前から噂になっているのだと璃琳。

続けて、数年前からひいきにされている妃がいたようだけど、他の妃は自分の所へ皇帝が来なくなったことを他の妃に知られたくない気持ちから誰にも相談できなくて、新しい妃のことは噂にもならず、誰も知ることができなかったようだと言います。

しかしある日、ついに1人の妃が我慢できなくなり、自分の所へ皇帝が来てくれなくなってしまったと言うのでした。

それを聞いた他の妃も、私も…と同じようなことを言い出したことで、皇帝を独り占めしている妃がいることに気付きます。

しかし、宮女も含むと数えきれないほど女性がいる後宮では、探し出すことができなかったようです。

それほどまでにひいきをされている妃なら目立ってもおかしくない、なのに存在自体を隠しておきたい誰も知らない妃…。

それが蘇月だと思うと璃琳は言いましたが、内廷にいることは確実なものの場所までは特定できなかったようです。

すると藍月が天耀に、自分が後宮に入って蘇月を探す、と言い出すのでした。

 

あなたのその目が嫌いだと、璃琳が言います。

何も言わずに、璃琳を見下げる藍月。

睨まれても嫌だから我慢しておくけどね、と言いながらも、この生意気な目を隠さなくちゃと言う璃琳。

我慢するって言ったのに…と心の中で思う藍月でした。

後宮に入るために、変装をすることになった藍月。

璃琳が協力するため、服を脱ぎなさいと璃琳が指示しますが、藍月は恥ずかしそうにしています。

そんな藍月に対して、女同士なんだからいいでしょ、と言います。

それでも躊躇している藍月に、本当に嫌な目がそっくりね…と璃琳はつぶやくのでした。

 

これは罰だーーー。

自分にどんなアルカナがあるかもわからずに突然双子の姉と引き離され、第四皇子の従獣になるんだと言われて皇宮に来たことを思い出す蘇月。

何も分からず恐ろしかったけれど、従獣としてついている天耀はとても優しくて温かい人でした。

信じきることができずに、従獣をやめて藍月のいる家に帰りたいと伝えられなかった蘇月。

しかし天耀と過ごしているうちに安心と信頼が増えていき、藍月に会いたいと言うのはもう少し従獣として役に立つようになってからにしよう、と思っていたのです。

そう思ったのはーーーいつも自分たちを見下してきた人たちよりも、それも皇女である璃琳よりも自分の方が優先されたからです。

そんな勘違いをした馬鹿な自分への罰だと、蘇月は夢を見ているようです。

涙を流しながら眠っていた蘇月の側には、もう2人の蘇月が寄り添っています。

1人の蘇月が、そんな夢いい加減に忘れちまえと言うと、さらにもう1人が、そうだよ蘇月と心配そうに声をかけます。

夢を見ていた蘇月が体の痛みに気付くと、他の2人の蘇月が何かに気付いたようです。

起きなくちゃ…と光のほうへ向かう蘇月を引き留めようとする、1人の蘇月。

ダメだお前は…と言いかけたところで、現実世界へと目を覚まします。

 

誰かが起きろ、と蘇月に声をかけます。

痛みと体から血が出ていることに気付いた蘇月は、傷口を押さえながら泣き叫んでいます。

そんな蘇月に、今日は珍しくお前なんだな…通りで随分よく泣くと思った、と言いながら近づいてきたのは皇帝の従獣です。

早く治せ、今日は肝臓をもらった、と言う従獣を見ながら、蘇月の心の中で替われ!と言う声が聞こえます。

その声にシンクロするように蘇月の表情は別人のように変わり、先ほどまで血が出ていた傷はあっという間に治ってしまいました。

ゆらりと立ち上がった蘇月は、口の中に残っていた血をペッと吐き出すと、皇帝の従獣を睨みつけます。

テメーのご主人様は相変わらず趣味が悪いな、とさっきまでの蘇月とは別人のように話す蘇月。

それを見た皇帝の従獣が、替わったか…とふっと笑います。

もはや今のお前が主人格のようだと言うと、できれば休んでいたいからあんまりいじめないでくれと蘇月が言います。

すると皇帝の従獣は、そんな態度ばかりしているともっと酷くなるかもしれない、皇帝の体は蘇月のアルカナでいろいろ試しても良くなるどころか悪くなっていて、焦っておられると言うのです。

そのまま諦めてくれないかな、と言う蘇月。

諦めて別の方法でもよさそうだと意地悪く笑う皇帝の従獣が、蘇月の双子の姉にはアルカナはないようだったが、本当にそうなのかと思っている、と言い出します。

何を言ってるんだ…と戸惑う蘇月。

藍月が少し前から皇宮に来て、天耀の従獣をしていると教える皇帝の従獣。

嫌な予感がした蘇月は、首につながれた鎖もお構いなしにやめろと叫び、藍月に手を出すのは約束が違うと言います。

皇帝の従獣は、蘇月が役に立てば藍月には何もしない、だけど…会いたいと思わないか?とささやくのでした。

 

一方、天耀の部屋では、太博が皇帝との約束を取り付けたことを報告に来ています。

しかし皇帝を探りつつ足止めしている間に、藍月を内廷に忍び込ませることについて、璃琳の宮女として…と言うのが不安そうな太博。

危険ではあるけど警備の少ない内廷に入り込んでしまえば、藍月なら広い後宮でも探せるだろう、と天耀は言います。

すると、藍月の準備が整ったと璃琳。

尻尾は服の中へ、耳は髪の毛で隠した藍月と一緒に、部屋へ入ってきます。

藍月の女装と言うのも変な気がするし…苦労したけどできました、と璃琳。

藍月が恥ずかしそうに大丈夫でしょうか、と天耀たちに確認を取ります。

天耀は大丈夫だよと言うつもりが、思わず可愛い…と言ってしまいます。

そんな天耀に小声で、心の声が出てしまっていますと指摘する太博。

言ってしまったと照れる天耀と、可愛いと言われて照れる藍月。

そんな2人の空気を読もうと太博は、藍月を女装させるのがどれだけ大変だったか話し出す璃琳を、抵抗されながらも部屋から誘導するのでした。

 

部屋に2人きりとなった天耀と藍月。

天耀は藍月をじっと見つめていましたが、ごめんと謝ります。

こんなことを言っている場合でないのはわかっているんだけど、かわいい!かわいい!…大事なことなので2回言いました、とドキドキした気持ちを抑えきれない様子です。

藍月が女性らしくなっているとかではなくて、いつもは見ることができない特別な姿が…と一生懸命語る天耀。

複雑そうな表情の藍月は、蘇月の敵討ちのために男の姿をしてきたのに、今は女の姿になっているなんて変な話ですね、と言います。

そんな藍月の肩に手を添えた天耀は無茶はしないように、気を付けてと言います。

みんなが危険な目に合うようなことはしません、蘇月を必ず見つけ出しますと藍月が言うのでした。

危険だなんて曖昧な言葉を使ってしまったけと、失敗すれば天耀にも太博にも死が待っていることは、藍月にもわかっています。

自分の命は今まで惜しげもなく使ってきたけれど、また天耀に自分の姿を褒めてもらいたいなんて不吉なことを考えてしまう藍月は、必ず蘇月を助けると心に誓いながらも、手が震えています。

蘇月が生きていると思っていなかったから、尚更早く会いたいと思えば思うほど、武者震いかと思うほど震えが止まりません。

そんな藍月を、天耀が何も言わずに抱きしめます。

天耀の温かさに気付いた藍月は、必ず天耀の元へ蘇月を連れて帰ってこよう、と誓うのでした。

 

璃琳の宮女として変装した藍月は、無事に後宮の中に入ることに成功しました。

ほっと一息つく璃琳ですが、内廷の詳細は頭に入っているかと藍月に聞きます。

蘇月がいないことが確認できたのは、東西の12か所だけで、他は全く分からないと言います。

藍月は、璃琳に案内のお礼を言うと、すぐに蘇月を探しに去っていきました。

人に見つからないように気を付けながら、後宮内を捜索する藍月。

日が暮れ始めた頃、藍月はふと血の匂いがすることに気付きます。

どこにいても香の匂いがきつくて鼻が効かないけれど、血の匂いのする部屋を見つけた藍月。

建物自体に血の匂いがすることに違和感を覚えながらも、そっと部屋の中を覗きます。

するとそこには…蘇月の姿があったのでしたーーー。

>>>王の獣 ネタバレ 31話 はこちら

王の獣 を無料で読む方法!

「王の獣」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

王の獣 ネタバレ 30話 の感想!

蘇月は連れ去られてから想像できないほどひどい仕打ちに耐えてきたのですね…。

そして多重人格になってしまっていた蘇月。

本来の蘇月と、強気な性格の生意気な蘇月、あとの1人はまだどんな人格なのかはわかりませんが、全部で3人の人格があるようです。

辛い気持ちを悟られないように、2人目の生意気な蘇月が主に出てきているようですね。

まさか、蘇月のアルカナの能力を利用して、体の一部を提供し続けていたとは…恐ろしい!

アルカナの能力で治癒するからといっても、想像を絶する痛みでしょうし…。

皇帝の病気を治すためとはいえ、恐ろしい方法を考えるものです。

ついに後宮の中で蘇月を見つけた藍月ですが、無事に連れ出すことができるのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました