王の獣 ネタバレ 29話!天耀との事を太博に相談する藍月…寄り添い抱きしめ合い…?

漫画ネタバレ

Cheese!の漫画「王の獣~掩蔽のアルカナ~」(藤間麗先生)29話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

後宮を探り蘇月を見つけ出すため、璃琳と墨に協力をするよう話す江凱。

一方、想いを伝え合い、自分が女だと打ち明けた藍月を、優しく押し倒した天耀は…?

「王の獣」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

王の獣 ネタバレ 29話!天耀との事を太博に相談する藍月…寄り添い抱きしめ合い…?

天耀に押し倒されて、ドキドキが止まらない藍月。

何度もキスをする天耀に、藍月はどうしていいかわからず目は開いたままです。

様子のおかしい藍月に気付いた天耀は、彼女の頬をさすりながら、息は止めなくてもいいのに…と言います。

そこでやっと、呼吸を再開する藍月。

息が上がっている藍月を愛おしそうに見つめる天耀は、ふふっと笑い出します。

笑われてしまったことで恥ずかしさがMAXになった藍月は、天耀に許して下さいと言うと、関節技をかけて、逃げます!すみません!と言ってその場から逃げてしまいます。

藍月の後を追うことができない天耀は、シュンとしてしまうのでした。

 

天耀から逃げてきた藍月は、木の側でうずくまっています。

先ほどのことを思い出して、恥ずかしそうにしたかと思えば、不安そうにしたり、もやもやしている藍月。

こんな事考えていてもだめだ、とすくっと立ち上がりました。

 

仕事中に、だだだだだ…と激しい足音が聞こえ、びっくりする太博。

部屋の扉を開けると、藍月が立っています。

どうした?と太博が聞くと、恥ずかしそうに相談したいことがある、と言う藍月。

察した太博は、藍月の目の前の扉をぱたんと閉め、なかったことにしようとするのでした。

なんで閉めるのですか、と扉を開け入ろうとする藍月ですが、太博は話の内容が嫌な予感しかしないから聞きたくないと拒否しています。

それでもちょっとだけ…と言う藍月に対して、藍月のちょっとはちょっとじゃないから嫌だ、とごねる太博。

結局太博が折れて、話を聞くことになりました。

 

太博がどうしたんだと聞くと、藍月はキスが上手にできなかった、と言うのです。

これまた爆弾級の話だな…と呆れる太博。

さらに藍月は、自分は匂わないですか?お風呂に入りたいので見張りを代わってくれませんか?とさらに爆弾を落とします。

思わずイラっとしてしまう太博。

そうとも知らずに藍月は、まともにお風呂に入ってないから天耀が近くに来た時にどうしたらいいのか分からない、天耀はきっと慣れてるんだろうけど…と話を続けています。

もう嫌だ、と聞きたくもない話を聞かされる太博は机に突っ伏してうなだれていますが、藍月はちゃんと聞いて下さい、と言わんばかり。

太博は、飲みながらでないと話は聞けないから付き合え、と鬼のような形相で藍月に言うのでした。

 

藍月が、天耀に笑われたことを太博に相談します。

みっともなかったんだろうかと悩む藍月に、そんなことで笑うわけがない、馬鹿馬鹿しいと太博は呆れた様子。

何か間違ったのかもしれないということすら分からない…と悩む藍月。

太博は、いちいちそんなことで悩むな、覚悟していたんじゃなかったのか、と藍月に聞きます。

ぐびっと飲みながら、覚悟にはいろんな意味がある、と続ける太博。

藍月が男として生きてきたことを知って、何も知らなくても天耀が笑うはずがない。

分からないことがあれば聞いてみればいい、と太博がアドバイスをしますが、藍月はでも…と納得がいかない様子です。

すると太博が、単に恥ずかしかっただけだろ、そんなことを自分にいちいち相談しに来るなと言うと、ぷぅーとふくれていじける藍月。

そんな藍月を見て、可愛いな…と愛おしそうに見つめる太博。

可愛いと言葉にすると確かにしっくりくるところがあり、天耀がいつも藍月を可愛いと言っている意味がわかるような気がした太博なのでした。

とここで、急に太博がすくっと立ち上がり、藍月の肩に手を添えました。

何をされるのかわからず困惑する藍月は、太博を見つめています。

 

天耀が自分の部屋で読書をしていると、誰かが訪ねてきました。

扉を開けるとそれは太博でした。

今日はもう仕事はないと言っていたけれどどうかしたのか?と天耀が聞くと、ちょっと届け物がある、と太博が言います。

太博が、少し酔っていることに気付く天耀。

すると太博は、藍月にかまうのはいいけど表向きは男で従獣なんだから、変な噂が立つと困る…ほどほどにして下さい、と言うのです。

天耀は分かっていると言いますが、太博は先ほど藍月に相談されたことを伝えます。

天耀は、藍月を笑ったことに自覚がない様子です。

呆れながら、超初心者だから迫りすぎて困らせないで下さい、色々面倒くさいのだと言う太博と、藍月の仲の良さに少しムッとする天耀。

藍月のことを笑ったのではない、前に麗雲に言われたことを思い出して、思わずその通りだなと笑ってしまったのだと説明します。

つまりは、藍月が可愛すぎる…藍月ごと性癖なんだきっと…と、頭を抱える天耀に、心の中で分かるけど!とつっこむ太博なのでした。

仕切り直した太博が、届け物はこれです、と今まで横に隠れていた藍月を引っ張り出します。

照れるのを隠せない天耀と藍月ですが、太博がそれでは今後の方針をちゃんと話し合って下さいね、と2人の背中を押し、部屋にアシストします。

最後に藍月に対して、もう隠す必要がないんだから自分には相談するなよ、と念を押して太博はその場を去っていきました。

 

ぱたんと扉を閉め、藍月が話し始めようと天耀の顔を見上げます。

すると、天耀は困らせてしまってすまない、と藍月に謝るのでした。

その何とも言えない表情に、ドキッとする藍月。

自分は…と恥ずかしそうにしながらも、色々なことが初めてで分からないことばかりだと言うことを天耀に伝えようとします。

しかし目の前で、キラキラと輝く天耀を目の前にしたら、言いたい事が頭からすっぽりと抜け落ちてしまうのでした。

固まってしまった藍月に顔を近づける天耀。

大丈夫?と声をかけると、びっくりした藍月が、言いたいことを忘れてしまいましたと謝ります。

そんな様子を見て笑い出した天耀は、また思い出したら伝えてねと言い、藍月の頭をポンポンとするのでした。

心満たされる藍月は、言いたい事なんて何もないなと思い、天耀の胸にそっと寄り添います。

藍月の方から近づいてくれた事に嬉しさを隠せない天耀。

そのまま藍月をぎゅっと抱きしめながら、麗雲の言った通り、藍月を自分のものにしてしまいたいとつぶやくのでした。

藍月は、自分の気持ちを天耀に伝えることが大切だ、と言うことに気付きます。

一方で、天耀は藍月を抱きしめると、ちょうどふさふさの耳が頬に当たり、それが気持ち良すぎて、色んなことをしたくなる気持ちを抑えるのに必死なのでしたーーー。

>>>王の獣 ネタバレ 30話 はこちら

王の獣 を無料で読む方法!

「王の獣」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

王の獣 ネタバレ 29話 の感想!

ラブラブな2人の相手をする太博も大変ですね。

心の中で突っ込む太博も的確で面白いですが、飲んで気が大きくなった太博もリアルで親しみやすいキャラで…。

読んでいて思わず笑ってしまいます。

藍月が、天耀に言いたいことがあったはずなのに顔を見たら忘れちゃうところなんかは、あるあるですよね。

藍月が男性だったからとか関係なく、初恋の時はみんなこんな感じだったはず…!

この先2人は、蘇月を見つけ出して、また幸せな時間を過ごすことができるのでしょうか。

続きが気になりますね!

タイトルとURLをコピーしました