王の獣 ネタバレ 23話!璃琳と墨が何か隠し事をしていると感じた江凱…天耀は藍月に

漫画ネタバレ

Cheese!の漫画「王の獣~掩蔽のアルカナ~」(藤間麗先生)23話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

藍月を男だと思っている天耀は、キスしそうになってしまった事を悩み麗雲へ相談。

一方藍月は、また媚薬を盛られた時のために練習する、と太博に縛ってほしいとお願いするのでした。

藍月への想いが溢れ出す天耀…自分が今すべき事を考え、継承戦の勝負を受ける事にして…?

「王の獣」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

王の獣 ネタバレ 23話!璃琳と墨が何か隠し事をしていると感じた江凱…天耀は藍月に

不安そうにしている璃琳は、墨と会っています。

怪しまれてしまうから頻繁に会うのは控えましょう、と言う墨。

兄の江凱に何か言われたのかと、璃琳は怯えながら墨に聞きます。

そうゆうわけではないが、今は動かない方が…と言いかけた墨。

すると、うつむいたままの璃琳が突然、嫁ぎ先が決まったと言います。

その言葉に固まる墨。

天耀のことを想っている璃琳は、嫌だ…と墨を見つめながら泣き崩れるのでした。

 

天耀に継承戦で勝負をしたいと言われた江凱は、やっと勝負ができると喜んでいました。

江凱は第三皇子で、他には母は違えど、同じ皇帝のもとに生まれた3人の兄弟がいます。

第一皇子の旺眞は気弱で病弱のため、存在感がない。

第二皇子の麗雲は昔からよくわからない人で、自由気ままな性格の男。

そして…第四皇子の天耀は、まっすぐで意志の強そうな黒い目で笑いかけてくる弟です。

江凱が学んだものは天耀も学んだと聞き、江凱が剣を習えば天耀も筋がいい、と聞かされます。

2人はいつも比べられていていましたが、天耀の方が上を行くことがほとんどでした。

天耀が従獣の蘇月を迎えるまでは、当然のように自分と天耀が帝位を争うことになる、と思っていました。

ある日、墨から蘇月が殺されたことを知る江凱。

誰に殺されたのか犯人はわからないと墨は言い、江凱もその時はあまり関心することはありませんでした。

他の皇子の様子がわかるほど親密ではなかったし、蘇月が殺されたことは箝口令が敷かれていたこともあり、すぐにその噂を聞くことはなくなっていたからです。

いつも江凱と比較されていた天耀の名前を聞かなくなったと気づいたのは、蘇月が殺されてから1年が経とうとしていた頃でした。

天耀の様子を見に行くことにした江凱。

天耀の性格はよく知っていたので、蘇月の死に心を痛めているだろうとは思っていましたが、想像よりも天耀が深く傷ついていることに江凱は怒りを覚え、つまらないと感じていたのでした。

 

そんな張り合いのない日々を過ごしてきた江凱。

やっと天耀は本気になってくれましたが、継承戦で本当に継承者を決める気があるのか怪しい、と江凱は思っているようです。

今までは、旺眞の病弱や、麗雲の政治への無関心、そして天耀の従獣の不在を理由に、太子も決めることなく、継承戦も延期されてきたからです。

ようやく始まったと思えば、つまらない勝負ばっかり…。

そうだらだらと江凱が呆れたように話すのを見て、天耀はぽかんとしています。

その顔はなんだ、まさかこのキャラに気づいていなかった訳じゃないだろう?と江凱が聞きます。

ああ…それは別に…とおろおろしする天耀。

江凱のキャラのギャップに慣れないのに、なぜか今の方がしっくりきていることに混乱している、と言い、意地悪に微笑む江凱でした。

 

部屋を出ていく天耀を見送った後、はぁ…と頭を抱え、ため息を吐く江凱。

部屋の手入れをしている墨が江凱に、次の継承戦が決まったそうです、天耀と勝負ができてよかったですねと言います。

そう言う墨を睨みつけながら、本当に良かったと思っているのか?と江凱。

墨は言われていることの意味が分からず、え…それは…と言葉が詰まります。

江凱に、お前がそう言うのかと睨まれると、墨は心当たりがあるのか硬直してしまいました。

以前、璃琳が江凱の所へ遊びに来ていた時のことです。

墨が作ったお菓子をおいしそうに食べながら、私も従獣が欲しいと言います。

お菓子をつまみ食いし、墨にお菓子なんか作らせるな、と小言を言う江凱。

そう言えば天耀は、新しい従獣をつけないのかと江凱が言うと、璃琳と墨はドキッとしたのか固まり、あれから1年も経つのにね…と手を震わせながら璃琳が言うのでした。

そんな璃琳を見せないように、新しいお茶をどうぞ、と盾になる墨。

2人の様子がおかしいと、感じていた江凱です。

 

そして現在ーーー。

お前たちが天耀を抜け殻にさせたんだろう、今まで見ないふりをしていたのは何のためだ、と江凱が墨に問いかけます。

江凱が発する言葉が怒気を帯びていることに、もう隠し事は許されない、と悟る墨でした。

その頃、藍月はお茶をするために外の木の側で座って天耀を待っています。

ブレスレットを外されてしまった腕を見て、自分が天耀を困らせてしまったんだろうか…と考え込む藍月。

風が気持ちよく吹いていて、今日はいい天気です。

そこへ天耀がやってくると、藍月は木の側で眠っているではないですか。

心地よさそうに寝息を立てて寝ている藍月を見て、いいことを思いつく天耀。

自分の膝に藍月を寝かせて、本を読むことにしたのです。

無意識に藍月の頭を撫でようとしますが、いけない…と我慢しているところに、ふわふわな尻尾が目に入ります。

これくらいはいいでしょ…と罪悪感を覚えながらも、藍月の尻尾から手が離せなくなってしまう天耀でした。

藍月が目を開けると、天耀の微笑んだ顔が見えてびっくり。

おはよう、と天耀が声をかけると同時に、藍月は焦ってばっと起き上がります。

そんなに飛び起きなくてもいいのに…と思う天耀ですが、藍月は人の気配に気づかなかったことに、気が抜けていては意味がないと自分の手を見つめます。

ところが藍月を再び自分の膝に寝かせて、まだ寝ていていいよ、と言う天耀。

寝ません!と起き上がる藍月ですが、また天耀はいいから…と寝かそうとします。

それでも寝ようとしない藍月に、そんなに嫌なのかとムッとする天耀です。

そんな天耀に対して藍月は、嫌ということではないと説明します。

人の気配も感じずに眠ってしまったことは、本当なら怒られるべきことで、甘やかされてはいけないと藍月は申し訳なさそうに言うのでした。

しかし天耀は怒ることなく、優しく微笑みながらこう言います。

藍月が目覚めなかったのは、体が天耀の匂いや気配を覚えているからで悪いことではない、と。

藍月はその言葉に、胸が苦しくなるほどの幸せと少しの不安を覚えます。

天耀の太陽のようにきらきらと眩しくて、温かい匂いや表情を、お側を離れるまで忘れないと藍月は心の中で誓います。

そして、そんな自分を許してほしい…とも願う藍月なのでしたーーー。

>>>王の獣 ネタバレ 24話 はこちら

王の獣 を無料で読む方法!

「王の獣」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

王の獣 ネタバレ 23話 の感想!

墨と璃琳は、蘇月について何か知っていて、江凱にすら隠しているようですね。

墨が持っているアルカナが、どんな能力なのかも気になります。

江凱は天耀に勝って皇帝になりたいとかではなく、単純に天耀と競争することで刺激的な日々を過ごしたい、遊び相手が欲しいだけのように感じます。

それも天耀のことを認めていて、気にかけているということでもあるのが愛おしいです。

そして…藍月の中で、だんだんと天耀への気持ちが整理できつつあるようです。

この後、2人の関係はどんな風に展開するのでしょうか?

続きが楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました