恋と弾丸 ネタバレ 52話!マオと才臣の関係…逃げるユリと才臣の後ろに水が迫り…!

漫画ネタバレ

Cheese!の漫画「恋と弾丸」(箕野希望先生)52話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

明かされた、才臣とマオの因縁じみた関係…。

かつて幼い頃一緒に遊んでいた二人は、いつしか組の跡取りとしてお互いを探り合うように…!

「恋と弾丸」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

恋と弾丸 ネタバレ 52話!マオと才臣の関係…逃げるユリと才臣の後ろに水が迫り…!

盾になれ、組長を守るのが組員の使命だ、それができなければ無価値!と伊織。

そして組員の背中を蹴り、襲ってきた男と父親の前に、その組員を出したのです。

興奮している男は、そのままその組員を撃ちぬきます。

才臣は、省吾さん!と声を掛けながら撃たれた組員へ駆け寄りました。

省吾と呼ばれた組員は才臣へ、また感情的になっている…冷静になってお立場を考えて、と声を掛けます。

省吾の止血をしようと、服を脱いで駆け寄っていた才臣。

他の組員に促され、伊織と共に屋敷の中へ入ります。

伊織の行動を見て、組員が以前話していた伊織への評価の意味が分かったと感じました。

その時伊織は、組長も跡取りも守れた…使命のもと死ねるなら省吾さんも本望だよね、と笑いながら話します。

ね、みんな!と笑いながら問いかけられ、動揺しながらもはいと答える組員たち。

その様子を見て、幼少期に伊織がカゲの怪物に襲われていると感じた時に、救っていればこんなことにはならなかったのではないか…と後悔する才臣なのでした。

 

マオの手を縛り動けなくした状態で、組員に声をかけられた才臣がその場を立ち去ろうとした時でした。

俺は…中国最大組織「蛇蠍(ジャカツ)」の総帥だぞ、その俺を前にして何もしないなんて俺を馬鹿にしているのか!愚弟、不正解な人間が!と一方的に捲し立てるマオ。

才臣は、昔自分が伊織を助けていればこんなことにならなかったのではないか、と思いますが…。

そんな思いは伊織に伝える必要はない、けれどどうしても最後にこれは伝えたい、と考えると、マオへ伊織…と呼びかけた才臣。

3歳の時に池に落ちた時、助けてくれてありがとうーーー。

本当ならあの時死んでいたと思うが、今自分が生きているのはあの時伊織が助けてくれたからだ。

信じてもらえないかもしれないが本心だ、ありがとう、と。

本当はもっと一緒にいたかった、と思いながら、伊織へさよならを言い、その場を立ち去ろうとする才臣。

才臣とマオに何があったのかはわからないが、話してくれるまで聞くことはしない、と思うユリ。

自分にできることはないと考え、才臣の首の傷を心配して声を掛けます。

縛られているマオが、ここから脱出して、つかの間のひと時を2人で楽しむつもりか、と言います。

お前たちはここで終わりだ…たとえ脱出出来てもお前たちのくだらない恋の結末はすぐそこだ、ともマオは言い放つのです。

その言葉を聞き、終わらないと返した才臣。

ユリも才臣と一緒に、真っ直ぐマオを見つめ返します。

そんな目をしていいのは強者だけだ、とマオ。

女が…愚弟が…そんな目で俺を見下すな、その目をしていいのは桜夜秀一朗と俺だけだ!と怒鳴ります。

それを聞き一瞬立ち止まるも、何でもないと言って再び立ち去ろうとした才臣。

するとマオが、拘束をほどいて立ち上がったのです。

お前を助けたあの日のことは覚えている…俺の人生で一番の後悔だ、今度は溺れるんだ!とマオ。

とここで、水の迫ってくるような音が響いてきていました。

マオが先ほど割った窓ガラスから、海水が入り込んできており…。

それはマオの真後ろまで、迫ってきていたのでした。

 

才臣とユリ、組員たちはこの先に潜水艦があると言われその先へ走ります。

しかしすぐに蛇蠍の組員が迫ってきます。

追手は桜夜組の組員によって撃たれますが、そのうちの一人が爆弾を投げました。

潜水艦は防水版の先にあり、防水版も降りてきています。

防水版が下りると同時に爆弾が爆発し、ユリは才臣に押されたおかげで防水版の先に行くことができていました。

ユリの周囲には、他の組員や案内役の組員も、爆風で飛ばされたおかげて防水版の先におり、みんないる…とホッとしたところに才臣の声が聞こえます。

ユリが声のするほうを見ると…なんと才臣は防水版の反対側にいたのです。

案内役に聞くと、この道に通じる道は他にない、と話します。

才臣の後ろには既に水が迫っており…桜夜組の組員は手から血を流しながら、必死で防水版を壊そうとします。

その様子を見た才臣はやめろと言い、みんな先に行くように、と指示を出したのです。

必ず戻る!という組員にも二次被害が出る可能性もあるため組長の指示を聞け、と才臣。

同じことを言わせるな、ユリを頼む!とも告げます。

ユリは、才臣にもう会えないのではないかと思うと、手が震えるのでしたーーー。

>>>恋と弾丸 ネタバレ 53話 はこちら

恋と弾丸 を無料で読む方法!

「恋と弾丸」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

恋と弾丸 ネタバレ 52話 の感想!

せっかく会えたのに、ここで離れることになるとは・・・。

才臣は伊織のことを憎み切れない様子でしたね!

伊織は本当に才臣のことを恨んでいるのでしょうか?

基本は優しいというか、才臣のことを気にしていたような気もするので、ここまで変わってしまったことが悲しいですね。

水も迫ってきているところで、才臣はどう逃げ出すのでしょうか?

次の話も気になります!

タイトルとURLをコピーしました