恋と弾丸 ネタバレ 62話!番外編!ユリに出会った才臣…彼女の事が頭から離れなくて

漫画ネタバレ

Cheese!の漫画「恋と弾丸」(箕野希望先生)62話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

今回は番外編の前編!

才臣サイドから語られる、ユリへの想い…。

ユリに出会った才臣は、彼女の事ばかり考えてしまい…?

「恋と弾丸」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

恋と弾丸 ネタバレ 62話!番外編!ユリに出会った才臣…彼女の事が頭から離れなくて

今回は、才臣がユリと初めて出会った頃に遡っての話になります。

ユリを一目見たその瞬間から、あの強い眼差しに惹かれてしまった才臣。

彼女は一体どこの世界に住んでいる人間なのか・・・と不思議に思ったのでした。

 

それからも、ふとしたときにユリのことを考えてしまう自分に気が付いた才臣。

こうした休憩中に頭に浮かんでいる女性には、昔から本気になってしまったパターンが多く、それを自分でも自覚しているのでした。

優れた外見からして、新人の女優かもしれない・・・。

それともモデルなのか・・・。

芸能関係者だとすれば、あの日は知り合いやツテを探すため!?それともパトロン!?

パトロン目的だとすれば、逆に才臣も声を掛けやすいのだけれど・・・。

芸能界では、おそらく見たことがない顔だとも思うのでした。

となると・・・ユリはまさかの一般人ということになります。

昔から散々会長に、こう言われ続けてきた才臣。

決まった恋人は何年もいないと言う才臣に対して、とにかく一般人だけはやめておけ!と。

どうしてこんなことを言うかというと、会長自身が一般人と恋に落ち・・・その大変さを身に染みて感じていたからなのでした。

いくら理性を働かせても、追い詰められた時には・・・我慢ができない欲望が出てしまうのだと。

才臣も自分も本質は、強欲だからなおさら・・・とも忠告されていたのです。

その時は、会長の言うことに頷いていた才臣でしたが、今となってはそう簡単に頷けなくなっているのでした。

 

まだいくらも休憩していないというのに、部屋を出た才臣。

これからはもう休憩はいらない、と下の者達に言います。

もう、こういった休憩中にユリのことを考える隙を、自分に与えたくないのでした。

気になる相手がいれば、その相手を振り向かせるためには・・・自分の金や権力を利用されてもかまわない、とさえ今までは思っていた才臣。

だけど・・・相手が一般人となると、そうするわけにもいかないのです。

ヤクザと一般人・・・そこには踏み込んではいけない領域というものがあることを自覚しているのでした。

 

その後も忙しい毎日を送っていましたが、あることで大金を手にした才臣。

それで少し気が緩んでしまったせいか・・・車の中から目についたショップのドレスをつい購入してしまうのでした。

それから、カバンや靴、アクセサリーなど・・・周りが驚くくらいに才臣は女性ものを次々に購入し続けます。

それは・・・目につくものすべてがユリに似合うと思ってしまうのでした。

自分が手にするこれらの物を身に付けているユリのことが頭に浮かび、つい顔がほころんでしまう才臣。

周りは、才臣に恋人ができたとすっかり思い込んでいます。

どんだけお金を遣っても、それの何百倍ものお金をすぐに稼いでくる才臣を、さすがだとも噂しているのでした。

 

そして・・・気が付くと、購入品はクローゼットいっぱいになってしまうほど増えてしまっていて・・・。

自分でも、何をやっているんだ・・・と思いながらもどうしても止められないのでした。

>>>恋と弾丸 ネタバレ 63話 はこちら

>>>恋と弾丸 ネタバレ 全話まとめ はこちら

恋と弾丸 を無料で読む方法!

「恋と弾丸」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

恋と弾丸 ネタバレ 62話 の感想!

あのクールでいつもカッコいい才臣に、こんな感情があるとは・・・またまた意外。

可愛いらしいわ・・・と一瞬思いましたが、ちょっと怪しい感じで稼いだお金で高級品爆買いしているところを見てしまうと、一般人とは違うと改めて思ってしまいます。

それにしても、もうこの時点でユリにべた惚れしちゃっていたのか・・・。

今回は、前編ということだったので、後編もあるんですね。

それも楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました