消えた初恋 漫画 ネタバレ 32話!井田の母に嫌われてるのかとショックを受ける青木

漫画ネタバレ

別冊マーガレットの漫画「消えた初恋」(ひねくれ渡/アルコ先生)32話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

高校最後の文化祭を楽しむ、青木と井田、そして相多と橋下…。

自分が東京の美容専門学校へ行く事を橋下に伝え、気持ちを確認し合った相多。

そしていつも自分に真っ直ぐと気持ちを伝えてくれる井田に、両親を紹介した青木は…?

「消えた初恋」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

消えた初恋 漫画 ネタバレ 32話!井田の母に嫌われてるのかとショックを受ける青木

今日は三者面談。

名前順が近いせいもあって、井田と青木は母親も含めてばったり遭遇。

朗らかに挨拶を交わす母親同士を見て、なんだか気恥ずかしいような気持ちになる井田と青木です。

青木の母は、文化祭ですっかりお世話になってしまったことのお礼を井田にします。

本当にこんな素敵な息子が欲しいと、うっとりした目で井田を見ている青木の母。

あれ以来、青木の母はすっかり井田のことがお気に入りなのでした。

すると、先に青木親子が教室に呼ばれ、入って行きます。

面談が始まったものの、そういえば・・・井田の母は自分のことをどう思っているのかな!?などと考え出してしまった青木。

先生の話などまったく耳に入らないまま、面談は終了してしまうのでした。

 

ある日の学校帰り、いつものように井田の部屋へと遊びに来ている青木。

犬の豆太郎に悩み相談をするものの、ガルルルル!と吠えられてしまいます。

すると井田は、急に青木に近寄り・・・クンクンと匂いを嗅ぎ始めるのでした。

驚いた青木は、自分が臭いのかと慌てて離れますが・・・どうやら豆太郎は柔軟剤の匂いが苦手だそう。

井田はそれを確かめたかった模様。

青木のセーターからはかすかに柔軟剤の香りがするので、試しに井田のセーターを借りて着替えてみたら・・・豆太郎は懐いてきたのでした。

豆太郎を抱き締めながら、気になっていたあることを井田に訊いてみた青木。

それは・・・井田の母は自分のことをどう思っているのか!?ということ。

今度、恋人としてちゃんと紹介したほうがいいか!?と急に言い出した井田。

青木は驚いて顔を赤らめますが・・・ちょっと心の準備ができるまで待ってくれと返します。

でも、自分の家族と仲良くしてくれたことが本当に嬉しかったと言う青木。

そんな青木をジッと見つめていた井田は、不意打ちで青木の頬にキスをするのでした。

驚きと照れから、そろそろ帰る時間だわ!と言い残し、逃げるように青木は井田の家を飛び出して帰って行きます。

井田のセーターを返すのも忘れて、そのまま着て帰ってしまった青木は途中でそれに気が付き、返しに行こうと井田の家へと引き返すのでした。

 

井田の家へと到着すると、ちょうど庭先で井田と井田の母が話をしています。

その内容は・・・青木と遊ぶのを控えた方がいいと、母が井田に向かって言っているのでした。

受験生なのに、風邪を引いている時にも家まで来て・・・と明らかに怪訝な顔をして話をしている井田の母。

それ以上はもう話を聞いていることができずに、走って帰って来た青木。

どうやって帰って来たのかも、思い出せないほどのショックを青木は受けたのでした。

そんな青木の様子を見て、何かあったのかと心配した青木の母。

セーター借りてきたのなら洗濯してあげるわよ!と母は言うのですが、柔軟剤を入れないで自分で洗うと言った青木。

洗濯機の前で、落ち込んでしゃがみ込んでしまうのでした。

 

それからしばらくした後、青木家に青木の悲鳴が響き渡ります。

それは・・・洗濯していたセーターが縮みまくってしまい、子供のセーターのようになってしまったのでした。

弁償しようにも、このセーターにはタグが一切ついておらず・・・おそらく井田の母の手編み。

ただでさえ井田の母からは嫌われているのに、こんなことまでしてしまって・・・と愕然としている青木。

母は、涙ぐんでいる青木に気が付き、そっとセーターを手に取り、洗面所でトリートメントにつけ置きするのでした。

こうすれば、少しはまともになるはずだと。

そして、落ち込む青木に・・・どんなにヘマをしてしまっても、誠実でいるのが一番大事なことだと笑顔で言うのでした。

 

母の言葉から考え込んだ青木は、井田の母に話があるから家に行ってもいいかと井田に尋ねます。

そうして学校帰りに井田の自宅に向かった青木は、井田の母の前で土下座をするのでした。

セーターを縮めてしまったこと、今まで失礼な行動をしてしまったことを謝り、これからも井田と仲良くさせて欲しいとお願いする青木。

井田の母は驚き、もしかしてこの間の話を聞いてしまったのではないかと察します。

そして、あの話は青木のことを思って言ったことだと笑うのでした。

受験だというのに、井田が青木のことを付き合わせ過ぎているのではないか、と心配していたそう。

安心した青木はこのまま夕飯までごちそうになって、帰るのでした。

 

数日後、スーパーで偶然会った井田の母と青木の母。

なんだかお互いに、息子達二人の間にある何かに、気が付いているような様子・・・。

お互いに何かを言い掛けるのですが・・・そのまま口ごもってしまいます。

頭を下げて、これからもよろしくお願いしますと笑顔を見せる二人なのでした。

>>>消えた初恋 漫画 ネタバレ 33話 はこちら

消えた初恋 を無料で読む方法!

「消えた初恋」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

消えた初恋 漫画 ネタバレ 32話 の感想!

井田と青木の母が、とにかく穏やかでいい人!

それが本当に有難いし、救いですよね。

母達はもしかして・・・なんとなく二人の関係に気が付いているのかな!?

この母達二人には、いつまでも静かに見守っていて欲しい!

井田の懐の大きさと、青木の可愛らしさが絶妙なバランスですよね。

井田と青木の関係にも、周りの温かさにもほっこりさせられる回でした!

タイトルとURLをコピーしました