初恋不倫 ネタバレ 17話!香と連絡がとれなくなった文昭…心配し部屋を訪ねますが…

漫画ネタバレ

Love Silkyの漫画「初恋不倫~この恋を初恋と呼んでいいですか~」(横馬場リョウ先生)17話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

文昭が不倫している事を知り、包丁を持って香を脅した類。

その様子を音声メッセージに録音しておいた香は、今度こそ文昭と別れようと…?

「初恋不倫」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

初恋不倫 ネタバレ 17話!香と連絡がとれなくなった文昭…心配し部屋を訪ねますが

ある日の午後、それぞれがそれぞれのやるべきことをして過ごしていました。

時松は、町内のアパートの一室で女が包丁を持って男と争っているとの通報を受け、パトカーで現場へと向かっています。

痴情のもつれかと、ビビり気味の後輩に激を飛ばしている時松なのでした。

一方、文昭のほうも、営業からぐったりして戻って来た部下をなだめています。

全然ノルマ達成できないし、夜も眠れなくなってきたと言っていて、見た目もやつれ切っている部下。

どうにか家族の顔を思い浮かべて、頑張っているそう。

それを聞いた文昭は、自分も昔は家族のためだけに頑張り抜く自分が、人生計画にあったことを思い出します。

妻、息子、そして自分・・・。

でも、今は違っているのです。

文昭の頭の中は、香の存在が大半を占めているのでした。

いつだって別れられると思いながら、こうして何年もずるずるとやってきてしまい・・・他の男と歩いているところを見ただけで、自分の欲望を止めることが出来なかったのです。

自分は冷静な判断が出来る人間だと思って、生きてきた文昭だったのに・・・。

今でも香を手放したくないし、抱きたいと思うのも彼女だけ。

もしも、妻と香・・・どちらかを選ばなくてはいけないとしたら、香を選んでしまいそうな自分がいるのでした。

 

その頃、部屋で倒れるように横になり、ハッと目を覚ました香。

文昭の妻である類が、包丁を持ってこっちに刃先を向ける姿が頭にまた浮かび、涙がこぼれ落ちるのでした。

脅しだったかもしれないけれど・・・本当に怖かったと震えが止まらないのです。

こんなにもみじめな自分・・・もう文昭とは終わりにしようと心に誓うのでした。

 

現場へと駆け付けた時松でしたが・・・どうやら包丁を持っていると言うのは見間違えだったようで、ただの夫婦喧嘩なのでした。

浮気をしたという夫を、責め立てる妻。

信じていたのに・・・と言って泣く妻を、夫はゴメン・・・と言って抱き締めています。

そんな場面を目の当たりにし、信じあって結婚したはずなのに・・・夫婦であり続けるということはこんなにも大変で難しいものだと時松は思い知らされるのでした。

 

リビングでテレビを観ている穂波に、コンビニのスシ剣士のおみくじをやってきたと言って、景品を渡す俊一。

それは、穂波がどうしても欲しかったフィギュア。

大興奮の穂波を見て、俊一も嬉しそう。

スシ剣士が好きだなんて知らなかったはずなのに・・・と俊一の気遣いを嬉しく思う穂波。

部屋から出て行こうとする俊一を、一緒にここでテレビを観ようと誘います。

俊一のことをどうしても嫌いにはなれないまま、これからもこうして近付いたり離れたりを繰り返していくのかなぁ・・・と思う穂波なのでした。

 

その頃、香と連絡が取れない文昭は香の部屋を訪れます。

が・・・そこはすでに空き部屋に。

驚いて立ち尽くしている文昭へ、久しぶりに香からメッセージが届くのでした。

慌てて開くと、それは文字のない音声メッセージのみ。

それを聞いた文昭は、愕然とするのでした。

 

類はその頃、香から送られてきた念書を見て満足そうに微笑んでいました。

一瞬、本気で香のことを殺してやりたいとまで思った類。

もし、文昭を奪われるようなことになったら・・・彼を殺してやるとさえ思ってしまうほど、類は文昭のことを愛しているのです。

でも、可愛い息子のためにもそんなことにならないように、自分の幸せは自分で守ってやると心に強く誓っているのでした。

 

文昭は自宅の前で立ち尽くしたまま、なかなか帰れないでいました。

類はしっかり者で、頼り甲斐があって・・・結婚するにはぴったりの女性だと思って結婚したのです。

が・・・あの音声メッセージを聞いてしまった今、香は恐ろしくなって黙って逃げたんだろうということがわかったのでした。

殺してやる・・・そう言っていた類が怖くて、家に入ることが出来ないのです。

これは自分のしたことの代償なのかもしれない、と文昭は思うのでした。

 

心機一転した香は、ロングヘアをばっさりと切り、ショートヘアになっていました。

友人と婚活パーティーに参加したものの、なかなかいい人が見つからず。

不倫の末にこんなことになっているということを友人に話した香でしたが・・・友人は香の考えがお見通しなのでした。

類に怯えて被害者のように文昭に音声メッセージを送ったけれど、本当はそうではなくって類のことを貶めてやりたかったということを。

自分だけが黙って身を引き、あとは夫婦円満に・・・なんて許せなかったという香。

愛しているなら幸せになって欲しいだなんて思わない、と言うのでした。

その相手が自分じゃないのなら・・・不幸になって欲しいと思うのだと。

夫婦でお互いに本心を隠し、苦痛な毎日を過ごせばいいのだと香は思っているのです。

男なんて山ほど世の中にはいますからッ!と友人が励ますと、香は笑顔を見せるのでした。

>>>初恋不倫 ネタバレ 16話はこちら

初恋不倫 を無料で読む方法!

「初恋不倫」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

初恋不倫 ネタバレ 17話 の感想!

なるほど・・・香があの音声メッセージを送ったのには意味があったんですね。

何も言わずに何もせずに、ただ自分だけが消えるのは許せなかったんですね。

自分の妻の、ああいった姿を文昭に知らしめたってことですか。

みんなすごいな・・・。

不倫している奴らが一番いけないのは確か。

類はやり過ぎだし、怖いけれど、悪いかどうかと言ったら悪くないし、被害者なのかもしれません。

でも、香の気持ちもわかるし・・・。

家庭に戻る男が一番ずるいのかなぁ。

難しい問題ですね。

タイトルとURLをコピーしました