復讐の皇后 ネタバレ 102話!皇帝の苦しむ姿を見て思わず抱き締めたパトリツィア…

漫画ネタバレ

comicoの漫画「復讐の皇后」(KimSoHyun/MUSO先生)102話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

風邪を引いたパトリツィアを心配し、懸命に看病する皇帝に、パトリツィアの心は揺れ動きます。

しかし皇帝は、再び例の発作に襲われていて…?

U-NEXTに無料登録すると600円分のポイントがもらえます☆

今すぐ漫画を無料で読む

※31日以内の解約でタダで漫画が読めます

復讐の皇后 ネタバレ 102話!皇帝の苦しむ姿を見て思わず抱き締めたパトリツィア…

発作に苦しむ皇帝。

ベッドに倒れ込み、なんとか耐えようとしますが、火山のようにたぎる衝動を抑えるのは非常に困難でした。

10年も治る兆しもないこの鬱々とした感情に、嫌気が差してきます。

今回の発作は、長い時間、病床に伏したパトリツィアの元にいたからでした。

愛する人が弱っているのを見ると、いつも発作が起きていたのです。

身体的にも精神的にも辛く、いっそ死んだ方がよいと思うほどでした。

廃后アリサの幻覚が見えます。

禍々しく笑っているアリサを見て、皇帝の心は凍り付きます。

この発作は、いつも皇帝の心を歪ませていたのでした。

 

部屋の中に入ったパトリツィアは、皇帝を抱きしめます。

少し発作の落ち着いた皇帝は、ひと時の安息だと思うのでした。

こんな醜態を晒すなんて耐えがたいことであるはずなのに、パトリツィアといると苦痛や罪悪感から解放されます。

すると、再びアリサの幻覚が。

思わず皇帝は、パトリツィアを突き飛ばすのでした。

パトリツィアがかすかに震えていたのを、皇帝は感じ取っていました。

自分は罰を受けるべき怪物だった、と思い出します。

私が忌むべき怪物だからパトリツィアは震えていたのか、と思い込んでしまいます。

 

そんな時、パトリツィアがふらつきます。

思わず、皇帝はパトリツィアを抱き留めました。

どうして自らを罰し続けるのか、パトリツィアが尋ねます。

虐待を受けたことは罪ではないし、むしろあなたは慰められるべき人だ、と言うパトリツィア。

そして、生き延びるために子どもがとった行動など責められない、というパトリツィアの言葉が皇帝の心に響きました。

そんなの…過ぎた気遣いだ、と突き放そうとする皇帝ですが、その気遣いは受け止めるだけでよい、とパトリツィアは諭します。

同情と恋心の区別もつかない女が出した結論だから、と付け加えるパトリツィア。

皇帝を愛することは絶対にしないと決めていた、というパトリツィアの決意がにじみ出ています。

 

少し発作も落ち着いた様子の皇帝。

ふと見ると、皇帝の手首の部分にはたくさんの傷が浮かんでいました。

大丈夫だ、と言う皇帝ですが、明らかにそれは嘘です。

すまない、と突然謝る皇帝。

パトリツィアにした過ちや、傷を負わせたことなど、すべて謝罪することすら許されない、と言います。

それを聞いたパトリツィアは、皇帝に向き合います。

しばらく静かな時間が流れた後、なんとパトリツィアは皇帝に、キスしてもいいかを聞きます。

思いがけないパトリツィアの言葉に、皇帝は驚くのでしたー--。

>>>復讐の皇后 ネタバレ 103話はこちら

漫画を無料で読む方法!

漫画を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

漫画を無料で読みたい場合、電子書籍配信サービスの無料ポイントがおすすめ!

配信サービス 特典
U-NEXT ・31日間の無料トライアルあり
600円分のポイントがもらえる
今すぐ読む
コミック.jp ・30日間の無料トライアルあり
1350円分のポイントがもらえる
今すぐ読む
eBookJapan ・会員登録無料
・初回ログインで50%OFFクーポンがもらえる
今すぐ読む
まんが王国 ・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元あり
今すぐ読む
FOD ・2週間無料おためしあり
最大で900円分のポイントがもらえる
今すぐ読む

復讐の皇后 ネタバレ 102話 の感想!

二人が徐々に歩み寄っている様子に、じれったくもありますがほっこりもします。

しかし最後のパトリツィアの言葉には驚きましたね。

まさかパトリツィアが、こんなにちゃんと皇帝に向き合う日が来るなんて…。

これまで苦労したきた分、幸せなハッピーエンドを迎えて欲しいと思います!

次回の展開、とっても気になりますね!

タイトルとURLをコピーしました