大蛇に嫁いだ娘 ネタバレ 13話! 怪我をした僧侶を助けたミヨ…しかし大蛇は苛立ち

漫画ネタバレ

ビームコミックスの漫画「大蛇に嫁いだ娘」(フシアシクモ先生)13話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

広告で話題の、大蛇と人間の異色ラブストーリー!

自ら命を絶った父、自分を大蛇のもとへ差し出した母…ミヨの過去が明らかに。

そしてミヨの母と弟が住む村に、僧侶が訪れていて…?

「大蛇に嫁いだ娘」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

 

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

大蛇に嫁いだ娘 ネタバレ 13話! 怪我をした僧侶を助けたミヨ…しかし大蛇は苛立ち

ミヨの故郷である村で、村人たちから大蛇とミヨが住む山の情報を得た僧侶。

ついにその山へと足を踏み入れます。

さすがに山深くなってきたなと感じた時、ふと顔を上げるとそこには狼の群れがおり・・・目が合ってしまった僧侶は襲われてしまったのです。

ミヨから漂う大蛇の匂いが濃くなっていることに気付き、二人が営みを行っていることを察した八兵衛。

よろしくやっているみたいだな、とミヨにカマをかけます。

すると・・・うぶなミヨはなんともわかりやすく顔を真っ赤にして動揺しており、やっぱりと確信する八兵衛。

そして、あんなに嫌っていたのに大蛇のどこに惚れたんだ?と改めて訊ねたのです。

大蛇の好きなところを挙げていくミヨ。

ふーんと興味なさげな返答をする八兵衛に、いつまで続くだろうなと指摘され、どういう意味かとミヨは問います。

若い頃を思い出したのだと返す八兵衛は、最初は熱が上がって相手がよく見えるもので、そのうち相手の悪いところが色々見えてきたら今と同じ気持ちではいれない、と忠告をしたのです。

夫婦というものを長続きさせるためには努力が必要だ、と語る八兵衛。

ミヨたちの場合は、人間同士ではなく蛇と人間だから特にその努力が必要だと言います。

さらに、もし愛が冷めた場合・・・恐らくその先にあるのは地獄だと脅かすようなことも述べたのです。

 

八兵衛と別れた後、自分たちに限ってそんな事はないよね?と自身の心に問うミヨ。

すると茂みの方から苦しそうな声が聞こえ、その声がする方へとゆっくり近付いていきます。

酷い傷を負った僧侶が倒れているのを見つけたミヨは、急いで駆け寄り、手当てをするために家に運ぼうと考えます。

しかし大蛇の、僧侶はあまり好きじゃなかったという言葉を思い出したため、たまたま近くにあった村の人が使ってた山小屋へと運ぶことにしたのでした。

まず出血がひどい腕とお腹の手当てをするため、自分の衣類の袖をビリっと破り止血するミヨ。

血が止まってきたのを確認した後、次は傷を洗い、テキパキと手当てを進めていきます。

朝まではこれで大丈夫だろうと思い、帰るため立ち上がろうとしたミヨでしたが・・・その瞬間、僧侶に腕を掴まれたのです。

起きたのではなく、何かにうなされ・・・何度も殺してやると口にする僧侶。

そんな苦しげな僧侶の額に、ミヨは優しく触れます。

すると僧侶は苦しみから解放されたようで、すぅ・・・と眠り始めたのでした。

 

大蛇が帰ってくるまでに、お風呂を済ませ匂いを落とすミヨ。

どうしてこの山に僧侶がいたんだろう・・・と考えます。

そして今日、八兵衛に言われた言葉が頭から離れなくて、就寝の際に甘えるかのように大蛇に抱きついたミヨなのでした。

 

翌日、嫌な夢にうなされ目を覚ました僧侶。

見知らぬ場所にいることと手当てされていることを理解できた時、気づかれたんですね!という声とともにミヨが現れます。

助けてくれたミヨにお礼を言う僧侶は、食べ物から必要そうなものまで色々と用意してきてくれた彼女に、重ね重ねお礼の言葉を述べたのでした。

どうしてこんな山奥に?と、素朴な疑問をミヨにぶつける僧侶。

この山に住んでいるだというミヨの答えに、えっ・・・と驚きます。

逆にどうしてこの山に?とミヨに聞き返されてしまい、返答に困っている僧侶でしたが・・・。

小屋の外でガタっと音がし、ミヨが様子を見に行きます。

すると小屋の外には・・・大蛇の姿があったのです。

どうしてここに?と驚いた様子のミヨに、そこに男がいるだろう?僧侶だな?と問う大蛇。

何故自分に黙っていたのか、どうしてその僧侶と一緒にいるのかと、ミヨを質問攻めにします。

それは・・・と言葉に詰まるミヨの代わりに、説明しようと思った僧侶は小屋の中から出てきました。

そして、彼女は自分を手当てしてくれたんだと説明し、大蛇を探していたということも明かしたのでした。

 

自分は、僧侶と一言も話したくないと返す大蛇。

自分は今すごく虫の居所が悪いのだと言って怒りを露にし、ここから去れと僧侶に言い放ちます。

しかし僧侶は、そういうわけにはいかない!自分は大蛇に用があってここまで来たのだ、と怯まなかったのでした。

自分の師を殺しただろ?と僧侶に問われる大蛇。

いちいち覚えてないと答えた上に、僧侶のことは気に食わないから食べたこともあるだろうが、それがなんだ?と言い返します。

この瞬間・・・ミヨの頭には八兵衛の、同じ人間ではなく蛇なんだ・・・という言葉が浮かんだのでしたー--。

>>>大蛇に嫁いだ娘 ネタバレ 14話 はこちら

大蛇に嫁いだ娘 を無料で読む方法!

「大蛇に嫁いだ娘」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

大蛇に嫁いだ娘 ネタバレ 13話 の感想!

八兵衛の言葉がすごく染みた回でした。

今は幸せでまだ気付いていないけど、後々人間と蛇であることを思い知らされる出来事が起こるというか、もうすでに起きてしまいましたね・・・。

大蛇の僧侶嫌いは相当みたいですが、恐らく過去に何かあったんでしょうね。

どんな因縁があるのか知りたいですが、それよりもミヨの大蛇に対する気持ちが冷めてしまったのかどうかが気になります。

せっかく心も身体も結ばれたのだから、大蛇とミヨにはこの危機を乗り越えてほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました