僕が歩く君の軌跡 ネタバレ 32話!凛太郎へのプレゼントを探す蓮…アケミと出会って

漫画ネタバレ

コミックFREYJAの漫画「僕が歩く君の軌跡」(キフウタツミ先生)32話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

蓮に届いた手紙が、あの三原では無かった事にホッとした凛太郎。

そんな凛太郎はアケミの部屋で一緒にご飯を食べる事に…そして私のことをどう思っているのかと聞かれ…?

「僕が歩く君の軌跡」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

僕が歩く君の軌跡 ネタバレ 32話!凛太郎へのプレゼントを探す蓮…アケミと出会って

凛太郎への誕生日プレゼントを考えているうちに、昔のことを思い出した蓮。

三原の誕生日・・・学校では女子生徒達が三原を取り囲み、プレゼントを争うように渡していました。

本当は学校にはこういったものは持ってきてはいけないので、ちょっと困った顔をしている三原でしたが、お礼を言って受け取っています。

蓮も本当は用意してきたものがあったのですが・・・女子生徒達の勢いに負けてしまい、三原に近付くことすらできなかったのでした。

 

公園でひとりブランコに座る蓮。

手には、三原に渡すはずだった手紙が・・・。

すると・・・なんと三原が後ろからやって来たのです。

三原は学校で蓮が何かを言いたそうにしていたことに気が付いていて、蓮を捜してここに来たそう。

蓮は蓮で、女子のような華やかなプレゼントではなく、手紙だけなので・・・三原に渡しにくくなってしまったのです。

こんなことしか出来なくて・・・渡すのが恥ずかしくなっちゃったけど・・・とモジモジしている蓮。

俺のために書いてくれたってことは、俺のことをこの時考えていてくれたってことでしょう?と嬉しそうに三原は言います。

恥ずかしいことなんかないし、すごく嬉しい!ありがとう!と笑う三原を見て、蓮も嬉しくなるのでした。

 

子供の自分には出来ることが限られていて、随分悩んだ蓮。

それでも三原は喜んでくれたけれど、果たして凛太郎は何がいいのだろうかと蓮は考えます。

きっと凛太郎のことだから、何をプレゼントしても喜んではくれるはずと思いながらパソコンを眺めていると・・・。

ふと目についた、凛太郎に似合いそうなシンプルだけれどセンスのいい腕時計を発見します。

この腕時計を候補に挙げる蓮なのでした。

 

その頃、アケミと凛太郎は・・・。

アケミは凛太郎に、私のことをどう思っているのか!?と迫っています。

何も返さずに真っ直ぐにアケミを見ている凛太郎にアケミは、キスをしようとそっと唇を近付け・・・。

あと少しで・・・というところで、アケミのことを引き離した凛太郎。

マコトのことが好きならこんなことはしちゃいけない、と言うのでした。

自分でそう駆け引きをしたものの、凛太郎にそんなことを言われてつらくなってしまったアケミは泣き出してしまいます。

本当は私・・・と言い掛けたアケミに、ゴメン・・・とただ謝ることしかできない凛太郎。

アケミはそれでフラれてしまったことがハッキリとわかり、大きな声を上げてさらに泣いてしまうのでした。

 

翌日、腕時計を実際に見てみたい蓮は、ひとりでショッピングモールまで出掛けることを決意。

偶然、伯父から電話が掛かってきてそのことを話すと、驚いた伯父はすぐにそっちに向かうと言って電話を切ってしまうのでした。

が・・・伯父が家に到着したときには、すでに蓮は出発してしまっていて不在なのでした。

 

駅員の助けもあって、どうにかショッピングモールに到着できた蓮。

素直に人の好意を受けていれば、こうしてひとりでできることも増えるのかも・・・と今までの自分の考え方を蓮は訂正します。

もしかしてこう思えるようになったのは、凛太郎のお陰なのかもしれないと。

エレベーターから降りる時も、思い切って声を出せば、みんなは親切にしてくれ、何とも言えない達成感のようなものを感じるのでした。

 

腕時計売り場に行った蓮でしたが、お目当ての腕時計はありませんでした。

でも、店員と積極的に話ができている自分がいて、他人が怖いことなどないんだと思う蓮。

めぼしいものは見つからなかったけれど、こうして外出して良かったと感じています。

あっという間に時間は過ぎ、夕方を過ぎると電車も混んでしまうのでそろそろショッピングモールを出ようとしたとき、違う腕時計店を発見した蓮。

少し寄ってみるのですが、ふと凛太郎が好きな物や好きな色など何も知らないことに気が付きます。

それだけでなく、家族のことや生い立ちも・・・。

 

蓮は急に寂しい気持ちになり、まだ出口へと向かい始めます。

その時、パスケースを落としてしまい・・・拾ってくれた女性がいました。

それは・・・このショッピングモールで働いているアケミ。

アケミは少し考えた後、蓮にこう切り出すのでした。

凛太郎のことで少し相談があるから・・・時間作ってもらえないかな!?と。

>>>僕が歩く君の軌跡 ネタバレ 33話はこちら

僕が歩く君の軌跡 を無料で読む方法!

「僕が歩く君の軌跡」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

僕が歩く君の軌跡 ネタバレ 32話 の感想!

アケミと蓮・・・。

なんだか不思議な組み合わせだけれど、この二人が話をしてあまりいいことはなさそうな気がします。

でも、アケミはもう他に自分の相談ができる人はいないのかもしれませんね。

泣いているアケミ、見ていて切なかったです。

蓮はOKするのかな!?

伯父も慌てて駆けつけそうですが・・・。

誕生日プレゼントに何を選ぶのかも楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました