弁護士カレシ ネタバレ 77話!桂木から病院の顧問弁護士にならないかと誘われた葵…

漫画ネタバレ

JOUR Sisterの漫画「弁護士カレシ」(流田まさみ先生)77話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

同窓会に参加した葵と辰巳。

辰巳のノロけ話に周囲の女性達がピリピリするも…最後はいい雰囲気のなか楽しく終わるのでした。

そして突然訪ねて来た桂木は、葵の母である久美子の事で話があると言い…?

「弁護士カレシ」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

 

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

弁護士カレシ ネタバレ 77話!桂木から病院の顧問弁護士にならないかと誘われた葵…

連絡もなしにわざわざ葵に会いに来た桂木。

驚いている葵に、桂木の病院の師長であり、葵の母である久美子のことで話があると言います。

こんなに急にそんなことを言うなんて、きっと悪い話なのかもしれない・・・と身構えてしまう葵。

仕事終わりで疲れているけれど、このまま桂木の話を聞くことにします。

辰巳には、桂木と出掛けてくる、と正直にメッセージを送る葵なのでした。

 

レストランへと移動し、飲み物を頼んで向き合う葵と桂木。

緊張した面持ちの葵に対して、桂木はリラックスしていて楽しんでいる感じ。

早く話を・・・と急かす葵に、やっと話をし始める桂木。

久美子はあれからパワハラについて自分で勉強して気を付けながら、前にも増して一生懸命働いてくれているそう。

が・・・一度パワハラで訴えられた師長をそのまま処分なしのまま働かせるのはいかがなものか、という意見が病院内で出始めているとのこと。

降格や退職を求める声も上がっているそう。

桂木もどうにかしたいと思いつつも、事が大きくなってしまったのでどうしようもないのだと言います。

葵はそれを聞いてショックを受けたものの、病気や事故などでなくて良かったと思うのでした。

きっと母なら了承して受け入れると思うと答えた葵に、できればこのまま久美子に師長を続けて欲しいと言う桂木。

今の病院内には久美子の代わりになれるような人は他にいないそう。

 

そして、今回葵を呼び出した一番の目的を桂木は言います。

それは・・・葵に桂木の病院の顧問弁護士になって欲しいということ。

今回のパワハラの件で、葵の仕事ぶりは病院内でも評判になったそう。

だから、葵に顧問弁護士になってもらって、久美子が問題を起こさないよう近くで見守っていて欲しいと言うのです。

そんな大役は無理だと即答した葵に、もし顧問弁護士になってもらえれば・・・きっと久美子ををこのままの条件で働かせることができる、と桂木は言うのでした。

まだ経験も知識も浅い葵は戸惑いますが、誰だって最初はそうだと説得する桂木。

それに・・・と少し声を小さくして、桂木は微笑みながらこうも言うのでした。

もし、葵が将来個人で事務所を立ち上げるようなことになれば・・・こちら側としても援助ができますから・・・と。

そんなことは結構です!と葵は言葉を強めます。

桂木は、とにかくよく考えてみて下さい!とだけ最後に言うのでした。

 

家に帰った葵は、事の次第を辰巳に話します。

何を考えているんだ!その桂木ってヤツは!と呆れる辰巳。

それだけ葵自身のことを気に入っていて、自分の手元に置いておきたいってことだろう!と言う辰巳でしたが、鈍感な葵はいまいちそれに気が付かず。

とりあえずはこのことを久美子に相談したほうがいいだろう、と言う辰巳。

相談もなしにひとりで決めてしまったら、後々困ったことになるかもしれないと。

 

次の日、葵の事務所で、病院の顧問弁護士をしている沢渡という男性弁護士に声を掛けた葵。

詳しく内情は話さないものの、病院の顧問弁護士というものが自分にも務まるかどうかを訊きます。

すると・・・悩んでいるのならやめたほうがいいと相当した沢渡。

無理だと言われて諦めるのならやめたほうがいいと。

病院の弁護士といっても弁護士の仕事に変わりはないけれど、幅広い知識がさらに必要となってくるそう。

覚悟ができているかどうかの問題だと沢渡は言うのでした。

その後も沢渡から言われたことを思い出し、悩み続ける葵。

辰巳に言われた通り、来週にでも桂木病院に行ってみよう、と決心した葵なのでした。

 

予定通り、桂木病院へとやって来た葵。

桂木に返事をする前に、葵は彼にひとつ質問をします。

母のことがなくても、私のことをこの病院の顧問弁護士にと考えたか!?と。

その質問に・・・口ごもってしまう桂木。

それが桂木の返事だと察した葵は、今回のこの件をきっぱりと断るのでした。

慌てた桂木は、それでは師長が・・・と久美子の処分について出してきますが、葵は笑顔でこう返します。

きっとあの母なら何が起きても大丈夫だから!と。

すると、今の二人の話をいつの間にか聞いていた久美子が、口を挟んできました。

そういうことなら・・・私はどうなっても平気だと。

今回は自分の責任だし、誰かにどうにかして助けてもらおうだなんて思っていないとキッパリと言うのでした。

 

桂木と別れた後、久美子は葵にこう言います。

私は私で看護師として、どこででもやっていけるから大丈夫だと。

安心して笑顔が戻った葵に、最後にこんなことも言うのでした。

あの結婚すると言っていた彼とはどうなの!?何かあったら・・・顔合わせにも行くから!あなたはあなたの幸せを考えなさい!と。

それだけ言って、照れくさそうに仕事に戻ってしまった久美子。

つまり・・・辰巳との結婚を許してくれたということ。

嬉しくて涙が滲んでくる葵なのでしたー--。

>>>弁護士カレシ ネタバレ 78話 はこちら

弁護士カレシ を無料で読む方法!

「弁護士カレシ」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

弁護士カレシ ネタバレ 77話 の感想!

今回の桂木はちょっとカッコ悪かったです。

久美子の処分を出して、葵を近くに呼び寄せようとしたってことですよね!?

でも、そこまでしてまで葵のことを手に入れたいという事なんでしょうね。

葵も久美子も強い女性なので、なびきませんでしたけど・・・。

しかも、久美子がいきなり歩み寄ってきてくれた!

これで辰巳との結婚も一気に近付きましたね!

タイトルとURLをコピーしました