弁護士カレシ ネタバレ 74話!頭を抱える葵…パワハラだと訴えた田中の驚きの過去…

漫画ネタバレ

JOUR Sisterの漫画「弁護士カレシ」(流田まさみ先生)74話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

桂木の病院で、看護師長として働く葵の母久美子が、後輩ナースにパワハラだと訴えられました。

母の弁護人として状況を整理する葵でしたが、久美子から、そして桂木からの言葉にハッとさせられて…?

「弁護士カレシ」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

 

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

弁護士カレシ ネタバレ 74話!頭を抱える葵…パワハラだと訴えた田中の驚きの過去…

母である久美子について話してくれる、と言う桂木と食事に向かった葵。

久美子は飲み会ではいつも、みんなの介抱する側に徹していたそう。

そんなふうに頼りがいがあって、周りからは信頼されていたと久美子のことを話す桂木。

若い頃は桂木自身も、随分と患者とのケアのことで教育してもらった、とーーー。

きっと・・・人間関係を快適にするのも仕事のひとつだと思って、そのために笑顔で気を遣ってきたのだろうと母のことを思う葵。

もうそこまで徹底させている久美子のことを、素直にすごいと思うのでした。

 

このバーでも女性から声を掛けられている桂木を見て、女性から本当にモテますね!と感心してしまう葵。

桂木と自分は不釣り合いだし・・・平凡で半人前の弁護士なだけだと自分のことを笑います。

すると、昼間も言ったけれど・・・自分のことを自分で卑下したらいけない、と桂木は諭すのです。

もっと自信を持つべきだし、ずっとそう言い続けていると本当にそうなってしまうから・・・と。

葵は、そうですね!彼もそんなことを確か言っていました!と無邪気に辰巳の話を始めます。

何だか・・・天然なのか、それとも鈍感なのか、まったく自分の好意を感じ取ってくれていない葵に、さらに興味を持ってしまう桂木なのでした。

 

翌日、久美子に会いに病院を訪れた葵。

まったく話を聞こうとしていなかったことを謝りますが、もういいわ!と吐き捨てる久美子。

食堂でどうしたらいいものか悩んでいる葵に、ひとりの看護師が声を掛けてくるのでした。

そして、田中のことを色々と教えてくれます。

田中は、久美子が言うように・・・本当に仕事ができなく、物覚えも悪い、そして人間関係もうまく築けなくてみんながみんな頭を悩ませていたそう。

師長が訴えられるなんておかしい、と言うのでした。

これは・・・田中にも間違いなく問題はあったのだと感じた葵。

すると、休憩中の桂木がやって来たのですが、それと同時になんと辰巳も現れたのです。

所長から至急で渡して欲しい書類があった、ということで急遽来たそう。

同じ事務所の同僚だと、辰巳のことを桂木に紹介した葵。

部屋に移動して話しますか!?と提案した桂木でしたが、まずは二人で相談させて欲しいと辰巳はそれを断るのでした。

所長からの書類の内容とは・・・なんと田中は今までに何度も同じような裁判を起こしては、慰謝料を手にしていたそう。

うつ病になったのは前の裁判のときで、それが今まで治ってなかった可能性もあるから、今回とは別の話なのかもしれないと辰巳は言います。

久美子のことを最初からすっかり疑って掛かってしまっていた葵は、頭を抱えるのでした。

交渉の仕方をそもそも変えていかなくては・・・と思った葵は、まだ帰らないでこっちに残ることにします。

それを聞いた辰巳は自分も同じホテルに泊まると言い出し・・・。

 

ホテルに着き、部屋に入った途端に激しいキスをしてくる辰巳。

すっかり桂木に嫉妬をしてしまった辰巳は、もう自分をセーブできないのでした。

服もはだけたまま、葵の弱いトコロを攻め・・・そのまま後ろから・・・。

葵もすぐに達してしまいます。

今だけは仕事を忘れて、何度も何度も抱き合う二人ーーー。

緊張して強張った心と体がほぐれていくのを、感じる葵なのでした。

 

病院へ向かい、辰巳と一緒に桂木と久美子を呼び出した葵は、田中の過去のことを話します。

訴えを起こすたびに慰謝料の請求額が高額になっていることや、証拠があまりにも完璧なことから、これはきっと当初から計画していた事なのではないかと。

周りの証言も含めれば、慰謝料額はだいぶ減額できるそう。

でも・・・パワハラを含めて謝罪することだけは避けられないと言う葵に、久美子も黙って頷くのでした。

 

辰巳は先に事務所へと帰り、葵、久美子、そして田中の3人で話し合いを始めます。

謝罪の前に・・・と田中の過去について葵は話し始めます。

知られてしまったことに驚いて、みるみる青ざめていく田中。

過去のことや、周りの看護師の証言を含めると、こちらとしては50万円の慰謝料が妥当だと考えていることを言う葵。

田中は興奮して立ち上がり、50万なんかじゃ足りない!と叫び出します。

自分の非を認めないのは恥ずかしいことよ・・・と呟いた久美子は、これまでのことは田中のため・・・患者のため・・・一緒に働いている者のためとしてやってきたことだと言うのでした。

でも、それがパワハラとして取られてしまったのなら謝りますと言い、申し訳ありませんでしたと頭を下げます。

田中はもちろん納得がいかないままでしたが、田中側の弁護士も同席して話し合いをした結果・・・葵の提案全てを受け入れたのでした。

 

これでやっと事務所へと帰れることになった葵。

桂木と久美子が送ってくれます。

久美子は、素っ気ないながらも、お疲れ様・・・!ありがとう!と言ってくれるのでした。

桂木とも握手をして別れます。

そして、辰巳の待つ部屋へと笑顔で向かう葵なのでしたーーー。

>>>弁護士カレシ ネタバレ 75話 はこちら

弁護士カレシ を無料で読む方法!

「弁護士カレシ」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

弁護士カレシ ネタバレ 74話 の感想!

無事解決できました!

めでたしめでたし!という終わり方で安心しました。

それにしても、田中・・・あり得ないなぁ。

裁判常習犯ってことですね。

それでも50万円は払わなくちゃいけないなんて・・・なんだか納得できません。

そんな人が看護師だなんて・・・困っちゃいますね。

桂木はせっかく葵とまた近付けたのに、特に進展はありませんでした。

もっと何かあるかと思いましたが・・・何にせよ葵と辰巳がラブラブなので、今は入り込む隙はないかなぁ。

それにしても、弁護士の彼氏、お医者様からも好意をもたれ・・・葵が羨まし過ぎる(笑)

タイトルとURLをコピーしました