悪し妻かたり ネタバレ 12話!悪評高い水松女をどうしても信用できない孫四郎は…?

漫画ネタバレ

プチコミックの漫画「悪し妻かたり」(大海とむ先生)12話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

吉次郎と想いを通わせ合った水松女は、自分の悪評を利用するよう進言します。

そんな中、吉次郎の家臣である孫四郎は、水松女は信用ならないと考えていて…?

「悪し妻かたり」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

悪し妻かたり ネタバレ 12話!悪評高い水松女をどうしても信用できない孫四郎は…?

水松女は吉次郎に、滝見の間に居を移したいと申し出ました。

加佐の人間はまだ水松女を誤解しているので、距離を取れば少しは安心すると思ったからです。

源太に手伝ってもらって、ひっそりと移り住みました。

源太には、里の者たちには今まで通りの対応をお願いする水松女。

源太も水松女の気持ちはわかっているので、山のもんは余所者には口は堅い、と安心させました。

 

そこへ吉次郎がやってきます。

水松女は、あまりここには来ないよう進言しますが、吉次郎はそれをきっぱり断りました。

通うのはやめないし、水松女を愛おしいと思う気持ちを隠すつもりもないと。

水松女は吉次郎の言葉を嬉しく思うものの、それも良い案かもしれないと返します。

悪しき妻も吉次郎のおかげで籠もっていると家臣には思われるし、外聞では悪妻に手を焼いているように見えると言うのでした。

吉次郎はそんな水松女に、胸が痛むからそんなに自分を犠牲にするな、とそっと手を取ります。

水松女ははにかんだ顔で、会いに来てくれて嬉しいと伝えました。

 

ある日、孫四郎は庭に積まれている材木に気付きます。

水松女が滝見の間を使うと聞いて、居を移すと吉次郎から知らされたときのことを思い出す孫四郎。

水松女のことを感心する家臣もいる中、孫四郎は渋い顔です。

吉次郎が水松女のことを油断ならない女だと評し、ただその献身も本物だと口にしました。

己が信用している孫四郎たちには知っていて欲しい、と吉次郎は告げたのです。

それでも孫四郎は…どうしても水松女のことを信じられません。

長治の側女だった女達から聞いた水松女の悪評、彼女の人を見下すような目を考えれば、信用できるはずもないのです。

しかし、いとが見せた尊敬の眼差しや吉次郎の言葉に、孫四郎は益々混乱してしまいます。

それでも、水松女のことをよく思えない孫四郎。

吉次郎は女に惑わされるような主君だとは思っていないものの、水松女が自分の都合の良いように言ったとさえ思えてきます。

そもそも女が、城や戦のことに口を出すべきではないという考えを持っている孫四郎。

吉次郎の説明を聞いた家臣の半分も納得をしていなかったように感じていました。

 

その時、犬の鳴き声がしたので連れていた使用人にどうしたのか訊ねる孫四郎。

すると、移動中に子犬が1匹居なくなってしまったと言うのです。

小屋は寒いから、吉次郎が母犬と子犬を庫裏の裏に移すよう命じていました。

その迷子の子犬は…なぜか水松女の前に現れます。

縁側でキュウキュウ鳴いている子犬に、水松女も驚きました。

まだ歩けもしない幼犬で、放っておくのは忍びないと思う水松女。

しかし自分が手を触れてしまうと、母犬が世話をしなくなるかもしれない…と危惧して手を出せないでいるのでした。

美与も喜久もいないので途方に暮れてしまいます。

その時、母犬を連れた孫四郎が現れます。

母犬は水松女にいきり立ち、襲いかかってきました。

孫四郎が止めるのも聞かず、水松女は倒れ込んでしまいます。

とそこへ侍女たちが駆け寄り、水松女を庇いました。

水松女の安否を確認した美与は、孫四郎を睨みつけます。

美与は孫四郎が犬をけしかけたと誤解をして、卑怯者!と声を荒げるのでしたーーー。

>>>悪し妻かたり ネタバレ 13話はこちら

悪し妻かたり を無料で読む方法!

「悪し妻かたり」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

悪し妻かたり ネタバレ 12話 の感想!

孫四郎は頑なですね…。

吉次郎はそれも忠誠心からのものだとあまりキツく言っていないけれど、水松女の評判を鵜呑みにしてしまうのは人を見る目が無さすぎです。

長治の側女のいうことは信じちゃってるのに、目の前で見せた「いと」の態度はスルー?

美与がキレるのも当然です。

水松女は優しすぎるし、そんな彼女の気持ちを汲んで静観している吉次郎にも、ちょっとモヤモヤします。

逆に、なんでここまで水松女を偏見の目で見るのか不思議に思えてきました。

いつになったら誤解は解けるんでしょう…。

水松女にしてみたら、吉次郎がちゃんとわかってくれているからそれだけでいいと思っているし、心の支えになっているようですね。

荒波をくぐり抜けてきたからか、孫四郎にどう思われていようが、大して気にしていない風にも見えます。

やっぱり水松女はメンタル強いですね!

犬をけしかけたと誤解された孫四郎が、どのような態度を取るのか気になります!

タイトルとURLをコピーしました