悪し妻かたり ネタバレ 11話!触れる唇の感覚…精一杯受け止める水松女に吉次郎は…

漫画ネタバレ

プチコミックの漫画「悪し妻かたり」(大海とむ先生)11話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

自分の小袖に想いを馳せる水松女を見た吉次郎は、彼女に想いを伝えました。

すると水松女もまた、吉次郎への想いを伝え…さらに近付く二人の距離…!

「悪し妻かたり」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

悪し妻かたり ネタバレ 11話!触れる唇の感覚…精一杯受け止める水松女に吉次郎は…

水松女を優しく抱きしめる吉次郎は、もう少し深く触れてもいいかと問いかけます。

返事をする間もなく、吉次郎の唇が水松女に触れました。

優しく触れる吉次郎の唇は温かく…その熱は水松女の初めて知る感覚。

胸が高鳴り、受け止めるのが精一杯の水松女でした。

小刻みに手を震わせる水松女に、吉次郎は怖がらせてしまったかと心配になります。

そんな吉次郎に、水松女は驚いただけで怖いわけではない、と伝えました。

屋鉄とは一度も唇を合わせたことがないので、怖い思い出などない…と呟く水松女。

口づけは初めてなので、吉次郎の温もりと心地よさしか知らない、と頬を染めます。

水松女の意外な返答に、驚く吉次郎。

こんな時に屋鉄の話題を口にするのは不謹慎だと気付き、詫びる水松女です。

しかし吉次郎は、水松女の心の傷を癒やすには屋鉄のことは避けては通れないから気にするな、と寛容な言葉をかけます。

遠慮して何も言ってくれなくなるよりはずっといい、と吉次郎。

約束した通りなんでも話していけば、今のように少しだけでも前に進む手伝いができるかも…と唇をとんと指し示します。

水松女はこうして触れ合うことができたのだから、これから吉次郎のことを怖く思う時があっても、前に進むためのお守りをくれたのだと理解しました。

そう告げる水松女に、加減を忘れて水松女を怖がらせてしまうこともあるかもしれないけれど、絶対に傷つけることはしない、と吉次郎は誓います。

自分のこの手は水松女を守るためにあると、彼女の小さな手を包み込みました。

もし怖がらせてしまった時は必ず言って欲しい、と言う吉次郎。

水松女は、屋鉄から守ってくれた時の猛々しい背中は怖くなかったし、頼もしく感じたと吐露します。

閨のことまで言い出したので、吉次郎の方が動揺しました。

はにかみながらも、そのことを視野に入れていることを仄めかす水松女。

大胆な彼女の言葉に、吉次郎は顔が赤くなるのでした。

 

孫四郎と左馬之助に、水松女との婚礼の準備を進めることを告げた吉次郎。

雪が解けたら水松女の父も呼んで、城で内々に行うつもりだと話します。

左馬之助に仕切るよう指示すると、水松女を毛嫌いしている孫四郎に、見誤るなと念を押す吉次郎。

それでも複雑な表情を浮かべる、孫四郎なのでした。

 

吉次郎はまた水松女のもとへ足繁く通うようになり、家臣たちの噂にも上ります。

そんな折り、水松女が吉次郎に、しばらくは悪しき妻のままでいた方がいいと言い出しました。

水松女は領地のことを冷静に分析しています。

元々旨味のない土地で隣国からの脅威も少なく、国政にとってそれほど重要ではありません。

有能な吉次郎を煙たがっている兄によって追いやられている、と察している水松女。

自分の悪評がその兄を満足させているとしたら、その方が吉次郎の得になると考えたのです。

吉次郎が今後力を付けるだろう、と見通してさえいる水松女。

屋敷に間者が入り込んでいることを考えると、家中にも悪しき妻と思わせておかなければなりません。

でも、そのせいで家中を乱すことは避けたい…と考える水松女なのでしたー--。

>>>悪し妻かたり ネタバレ 12話はこちら

悪し妻かたり を無料で読む方法!

「悪し妻かたり」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

悪し妻かたり ネタバレ 11話 の感想!

水松女は、吉次郎と触れ合うことは怖いと思っていないみたいですね!

吉次郎は、水松女にとって自分も怖い男の一人かもしれないと思っていましたが・・・杞憂でした。

それにしても、いきなりキスするとは思っていなかったけど・・・(笑)

そして水松女にとって、ファーストキスだったんですね!!

はにかみながら心地よいなんて口にする、水松女が可愛いです。

吉次郎は顔がニヤけるのを必死に我慢している感じでした!

水松女は屋鉄のもとで散々踏みにじられてきたから、自己評価がすごく低くなっています。

時代的にも、女の立場は弱いというのもあると思いますが・・・。

でも、領地を熟知して工夫を凝らし、自分だけでなく領民たちも生き残らせてきた才女です。

政治的な分析力も並大抵ではなさそう。

加左の家臣たちにも、早く本当の水松女を知ってほしいですね!!

タイトルとURLをコピーしました