悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される 36話!眠りにつく妖精王パールにティアラは…

漫画ネタバレ

B’s-LOG COMICSの漫画「悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される」(ほしな/ぷにちゃん/成瀬あけの先生)36話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

海の妖精王パールがかつて裏切られた人間の末裔であったアリシアは、アクアスティードの心を惚れ薬で手に入れようとした事を深く反省。

これからも海の管理を任されたアリシアは、寛大なアクアスティードとティアラローズに感謝するのでした。

すっかり輝きを失ってしまった海を、見事に再生していったパールでしたが…?

「悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される」を無料で読むならU-NEXTがおすすめ☆

 

\ 無料で読める!/
今すぐ600円分の漫画を無料で読む
※初回31日以内に退会すればお金は一切かかりません

悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される 36話!眠りにつく妖精王パールにティアラは…

海の妖精王パールの力によって、砂浜やサンゴが綺麗に再生していきます。

アクアスティードがクレイルへ、パールの力は自分たちの祝福によって使い切ったのでは…と訊ねます。

すると、これは自分からの餞別だと、パールの声がクレイルとアクアスティード、そしてティアラローズの耳に届いたのです。

ティアラローズが海へ向かって声を掛けますが、もう声は聞こえません。

クレイルはパールに残っていたわずかな力も使ったのだと説明し、これじゃ誰の罰だかわからない…と言いました。

それは・・・と何かを言いかけるアクアスティードを、そっと制止するクレイル。

パールはこれから100年の間・・・魔力を回復するためのつなぎとして必要だった魔力まで使い切ってしまい、意識を保つことができなくなってしまったのです。

クレイルはそれを理解していて、アクアスティードが口に出すことを止めるのでした。

理解できていないティアラローズはアクアスティードに再び説明を求めるのですが、それを止めるクレイル。

慌てて謝るティアラローズに、クレイルは冷たい言い方をしてごめんと謝り、お菓子を欲しいと話します。

ティアラローズは、花を材料としたべっこう飴を作っていました。

べっこう飴をもらったクレイルは、それを海へ投げます。

すると、べっこう飴を投げ入れた海はキラキラと綺麗に輝きました。

こうすればパールに届くのでは…と思って、と話すクレイルの言葉を聞いて、ティアラローズも届いたら嬉しいと思うのでした。

 

宮殿へ戻ったアクアスティードとティアラローズ。

ティアラローズはアクアスティードの手を握ると、愛している…と伝えます。

今回の惚れ薬の一件で、アクアスティードから想いを伝えてもらうことが多かったことから、これからは自分もしっかり想いを伝えていきたい、と考えていたのです。

自分を選んでくれたことへのお礼と、あなたと一緒にいることができて幸せだ、と伝えるティアラローズ。

そんなティアラローズを、可愛い…と抱きしめてキスをするアクアスティードです。

廊下でキスをされたティアラローズは、顔を赤らめて恥ずかしいと言います。

可愛かったから仕方ないと言い、そのままティアラローズを抱っこして部屋へ行こうとダッシュするアクアスティード。

その場にいた使用人たちは、いつものことですねと穏やかに見守っているのでした。

 

時間が経つにつれ、ティアラローズに与えられた森の力と海の力は身体へとなじんでいきました。

アクアスティードとティアラローズの二人が、海と森の妖精の祝福を受けたことは貴族たちにも知れ渡り、舞踏会にて国は安泰だと喜ばれます。

そして、ティアラローズのべっこう飴をクレイルが海に投げ入れて以来、時折キラキラと輝く現象が起きているとも…。

みんなが驚いて見ている姿を、クレイルは満足そうに見ています。

ティアラローズは、きっと自分の魔力が海に溶けて、光っているのだと考えます。

パールは少しだけ眠りにつくことになった、と話すクレイルを思い出したティアラローズ。

もっと自分を大事にしてほしかった…助けたかった、と思うのです。

 

とそこへ、友人たちがティアラローズに声を掛けてきました。

海と森の妖精に祝福を受けたことへの称賛を受けるティアラローズは、他国から嫁いだ自分にここまでして頂いてとても嬉しいと話します。

突然、ティアラローズは何かに呼ばれたような感覚を受けました。

友人たちへ風にあたってくる、と告げたティアラローズ。

バルコニーに出ると、宙でキラキラとした光が現れ、手を差し出すと…それはアカリからの手紙だったのです。

久しぶりに来たアカリからの手紙には、日本語でハルトナイツの近況などが書かれています。

そして…その中には惚れ薬イベントに気を付けるように、と書かれていました。

もう少し早く知りたかったと思いながらも、やはりあれはイベントだったのだと理解したティアラローズ。

アカリの手紙には、妖精の祝福を受けると隠しステージに行けることが書かれていました。

簡単には見つからないこと、森と海、二つの隠しステージがある可能性が高い、とティアラローズは考えます。

恋愛イベントであれば自分には必要ないと思うも、パールが女性だったことから、海の隠しステージは恋愛イベントではない可能性があると思うティアラローズ。

国の発展や新しいお菓子に使える何かを発見できるかも…と思い、隠しステージの攻略を目指そうと考えるのでした。

 

街では妖精王の聖地巡礼に行こうとしている男女2人組が、隠しルートを目指そうとしています。

しかし進んだ結果、間違えたといった瞬間に女性は檻に捕まってしまい、男性はオリヴィア!と青ざめた顔で呼ぶのでしたーーー。

>>>悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される ネタバレ 37話 はこちら

悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される を無料で読む方法!

「悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました。

配信サービス 配信状況 特典
U-NEXT 丸 31日間無料トライアル
600円分が無料
今すぐ読む
コミック.jp 丸 30日間無料トライアル
1350円分が無料
今すぐ読む
eBookJapan 丸 初回ログイン
50%OFFクーポン
今すぐ読む
まんが王国 丸 毎日最大50%OFF
今すぐ読む
FOD 丸 2週間無料おためし
最大900円分が無料
今すぐ読む

U-NEXTとコミック.jpなら、すぐに無料で読めるのね♪

悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される ネタバレ 36話 の感想!

パールが深い眠りにつくことは、クレイルにとっても悲しい事ですよね。

パールはクレイルのことが好きだったのに、人間のことも完全には忘れられず、孤独だったのかな・・・と思いました。

空の妖精のクレイルと海の妖精のパールはお互いに見えるところにいると思うので、またパールが目覚めたら二人が会えることを祈りたいです。

そして、惚れ薬はやはりイベントだったんですね!

もう少し手紙が早かったら…とティアラローズのように思った私です(笑)

穏やかに夫婦生活を楽しんでもらいたいところですが、隠しステージでまた何か起きそうな気もします。

隠しルートは困難な道のりな雰囲気がラストに漂っていますし…。

今後の展開も気になりますね!

タイトルとURLをコピーしました